« 世界的な不均衡の是正より、日本の景気対策はどうするつもり? | トップページ | 西側諸国と中国の間の貿易戦争 »

2010.10.11

為替介入という大宣伝

 与謝野馨・元財務相兼金融相は10日午前、NHK番組
   日曜討論
で、菅直人内閣の通貨政策について
   海外からのいろいろな圧力、駆け引き
があるので、為替レートに関して、介入するのはいいが
   介入する
と大宣伝するのはよくないと述べた。ranking
 (宣伝だけでは大法螺吹きと同じで誰も信用しなくなる)

 日本政府と日本銀行は9月15日、6年半ぶりに円売り・ドル買い介入を実施し、野田佳彦財務相は同日の緊急会見で
   為替相場の過度な変動を抑制
するため、為替介入を実施したと言明、わが国の経済はデフレが進行し、依然として厳しい経済情勢にある中で、このような足元の動きは経済、金融の安定に悪影響を及ぼし、看過できない問題だと述べているものの。ranking

 介入時の投入資金規模が小さく、一般的に市場介入する場合に起こる変動幅の半分程度の値幅ではマーケットの流れを変えるには不十分であるということがわかっていない。
 介入する時期が遅すぎであり、タイミングとしては一番最後かそれよりもれ始めた段階では、マーケットの売り傾向を止め意図する水準まで値を戻す力を考えれば5兆円から7~8兆円を投入し10円程度押し戻すことが必要であった。
 もしこれが白川総裁が米国から1日早く帰国した8月末に3兆円程度で介入しておれば95円台付近まで押し戻すことも容易ではなかったのか。
ranking

« 世界的な不均衡の是正より、日本の景気対策はどうするつもり? | トップページ | 西側諸国と中国の間の貿易戦争 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49708281

この記事へのトラックバック一覧です: 為替介入という大宣伝:

« 世界的な不均衡の是正より、日本の景気対策はどうするつもり? | トップページ | 西側諸国と中国の間の貿易戦争 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ