« 日・米・英の金融当局が景気てこ入れのため資産購入拡大に動く見込み | トップページ | 9月の非製造業総合景況指数(米国 ISM) »

2010.10.06

インフレ率について非公式に適切としてきた2%を上回る水準への上昇を望む姿勢を明確にする可能性

 エバンス総裁(シカゴ連銀)の発言
 米連邦準備制度理事会(FRB)が景気浮揚のために、国債の追加購入のほか、インフレ率について非公式に適切としてきた2%を上回る水準への上昇を望む姿勢を明確にする可能性など
    一段の措置を講じる必要
があるとの見解を示したとウォールストリート・ジャーナルが報じた。 ranking

 エバンス総裁は同紙のインタビューで答えたもので、過去数カ月間、米国の失業率予想を注視してきたが、その結果至った結論は然るべき低下ペースからは程遠いということだと述べ、これは本来あるべき予想よりもはるかに悪いと指摘した。
 これに伴い、これまど講じた措置を大幅に上回る緩和政策を支持すると表明した。

 インタビューは4日に実施され、同紙のウェブサイトに5日掲載された。ranking

  

« 日・米・英の金融当局が景気てこ入れのため資産購入拡大に動く見込み | トップページ | 9月の非製造業総合景況指数(米国 ISM) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49662143

この記事へのトラックバック一覧です: インフレ率について非公式に適切としてきた2%を上回る水準への上昇を望む姿勢を明確にする可能性:

« 日・米・英の金融当局が景気てこ入れのため資産購入拡大に動く見込み | トップページ | 9月の非製造業総合景況指数(米国 ISM) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ