« 金融当局が証券を購入してバランスシートを拡大すべきではない | トップページ | 二番底のリスクはここ6-8週間に後退 »

2010.10.08

為替相場の無秩序な動きを牽制

 トリシェ総裁(ECB)の発言(7日)
 政策決定後の記者会見で、今までにも増して、為替レートは経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)を反映するべきであり、為替相場の
 無秩序な動き
は望ましくないとの考えを示した。
 ユーロはこの日、2月以降で初めて米ドルに対して1.40ドルの水準に達した。

 日本銀行が金利をほぼゼロにするとともに資産購入プログラムを拡大、米国連邦準備制度理事会(FRB)も緩和拡大を示唆している。
 一方、トリシェ総裁は景気てこ入れに向けた一段の緩和に消極的な姿勢を示唆していることがユーロ上昇の一因となっている。ranking

 ECBはこの日、政策金利を過去最低の1%に据え置いた。

 ユーロの過去1カ月の上昇幅は10%に達した。

 なお、7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)に出席するため7日中にワシントンに向かう同総裁は 
    強いドルを支持
すると発言するとともに中国人民元の段階的な上昇も呼び掛けた。
 会議では為替相場と貿易問題が主な議題になる見込みだ。ranking

    

« 金融当局が証券を購入してバランスシートを拡大すべきではない | トップページ | 二番底のリスクはここ6-8週間に後退 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49679434

この記事へのトラックバック一覧です: 為替相場の無秩序な動きを牽制:

« 金融当局が証券を購入してバランスシートを拡大すべきではない | トップページ | 二番底のリスクはここ6-8週間に後退 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ