« ドイツ国債は輸入物価指数が2カ月連続で上昇したことから需要が後退 | トップページ | インドネシアで津波 少なくとも108人が死亡、500人以上が行方不明 »

2010.10.27

ユーロの買い持ち高を解消

 トム・フィッツパトリック氏(ニューヨーク在勤 シティのチーフ・テクニカルアナリスト)の発言
   調査リポートの発表後にブルームバーグの電話インタビュー
 25日の外国為替市場でユーロがポンドとフランに対して下落し、対米ドルで高値圏で終了できなかったと指摘し、ユーロ高の勢いがなくなったことを示唆しているとの考えを明らかにした。  ranking  

 また、ややリスク・スクイーズの危険性があるようで、それは市場全体で見られる。
 現在はすべてが量的緩和が実施されるとの見方に基づいた取引になっている。
 そのため、いったん揺らぎ始めるとすべてが同時に崩れる危険性があると述べた。   

 シティグループのテクニカルアナリストはスイス・フランやポンド、米ドルに対する
     ユーロの買い持ち高を解消
するよう提言した。  

 米国の連邦準備制度理事会(FRB)が資産購入を拡大し、米ドルの価値が下落するとの思惑を背景に、ユーロは対米ドルで6月30日以降13%上昇していた。  

 商品先物取引委員会(CFTC)が22日に発表した建て玉に関する統計によると、ユーロの対ドルでの買い持ち高が2009年10月以来の高水準に拡大。ユーロ高反転の可能性を示唆した。  ranking  

    

« ドイツ国債は輸入物価指数が2カ月連続で上昇したことから需要が後退 | トップページ | インドネシアで津波 少なくとも108人が死亡、500人以上が行方不明 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49857226

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロの買い持ち高を解消:

« ドイツ国債は輸入物価指数が2カ月連続で上昇したことから需要が後退 | トップページ | インドネシアで津波 少なくとも108人が死亡、500人以上が行方不明 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ