« 世界経済の回復は続いているが、前回の危機後の回復よりも勢い | トップページ | 世界は現在、新たな経済危機にあると? »

2010.10.25

米国の量的緩和に批判を表明(ドイツ)

 ブリューデレ経済技術相(ドイツ)は23日、韓国慶州で記者団に対し、20カ国・地域(G20)が米国の量的緩和に批判を表明したことを明らかにした。
 為替レートが経済のファンダメンタルズを反映することが必要であり、問題を流動性だけで解決しようとするのは間違いだと指摘した。
 また、流動性注入が
    間接的な為替操作
だと指摘した。
 なお、一部の資本規制には理解を示した。

 米ドルから他国の通貨にシフトする流れがある現状で、資金の供給量を増加することが米国内の資金流動性を高める保証はなく、金利低下に伴う海外への資金流出が強まり逆に国内産業の競争力を奪う場面が強まることが考えられる。
 米国内の産業を考えた場合に軍産複合体制の製造システムの頼る部分が大きく輸出する武器のシェアが広がる可能性が高い。
 最近サウジアラビアへの兵器類の輸出など利益率の高い製品にシフトするだけで雇用の回復は望む事は出来ないだろう。

   

« 世界経済の回復は続いているが、前回の危機後の回復よりも勢い | トップページ | 世界は現在、新たな経済危機にあると? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49839308

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の量的緩和に批判を表明(ドイツ):

« 世界経済の回復は続いているが、前回の危機後の回復よりも勢い | トップページ | 世界は現在、新たな経済危機にあると? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ