« 虎視眈々 狙いは定めてタイミングが一番需要だろう | トップページ | オバマ政権の真価を問う中間選挙は民主党の歴史的大敗となった »

2010.11.03

資産購入規模の拡大の思惑で米国長期債が上昇

 米国債相場は2日、30年債を中心に上昇した。
 連邦公開市場委員会(FOMC)が3日に発表する声明では、米連邦準備制度理事会(FRB)の
     資産購入規模の拡大
が示されるとの観測が市場での買い意欲を強める背景となっている。 ranking   

 ブルームバーグのまとめたエコノミスト予想では、FRBは
     5000億ドル以上の長期債購入計画
を発表するとの思惑が強いという。

 米中間選挙の投票日が2日に行われ、事前の世論調査では下院は共和党が過半数を奪還するとの見込みであり、上院でも民主党との差を縮小すると予想されている。
  ただ、これにより、追加歳出の可能性が低下し、政府借り入れが抑制されるとみられている。ranking     

   
   

« 虎視眈々 狙いは定めてタイミングが一番需要だろう | トップページ | オバマ政権の真価を問う中間選挙は民主党の歴史的大敗となった »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49921084

この記事へのトラックバック一覧です: 資産購入規模の拡大の思惑で米国長期債が上昇:

« 虎視眈々 狙いは定めてタイミングが一番需要だろう | トップページ | オバマ政権の真価を問う中間選挙は民主党の歴史的大敗となった »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ