« 大き過ぎてつぶせない金融機関が引き続き存在することは容認し得ない | トップページ | 為替相場の柔軟性拡大における一段の進展が新興市場国から示されるか? »

2010.11.02

緊急融資を得る見返りとして合意した取り決めを堅持する方針(ギリシャ)

 ペタロティス報道官(ギリシャ)はギリシャ政府が5月に欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)から
     1100億ユーロ(約12兆3200億円)
の緊急融資を得る見返りとして合意した取り決めを堅持する方針であることを明らかにした。   
 同報道官は1日、アテネで記者会見したもので、同国政府の姿勢は、ギリシャを危機から導き出すことを目的としたプログラムを厳格に順守し、実施することにあると語った。

 なお、パンガロス副首相はこれより先、同国紙トビマとのインタビューで、ギリシャはある時点で債務再編を検討する可能性があると述べていた。 → ranking   

   

« 大き過ぎてつぶせない金融機関が引き続き存在することは容認し得ない | トップページ | 為替相場の柔軟性拡大における一段の進展が新興市場国から示されるか? »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49911244

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急融資を得る見返りとして合意した取り決めを堅持する方針(ギリシャ):

« 大き過ぎてつぶせない金融機関が引き続き存在することは容認し得ない | トップページ | 為替相場の柔軟性拡大における一段の進展が新興市場国から示されるか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ