« 物価上昇率がさらに低下してデフレに陥るリスクがある(米国経済) | トップページ | 延坪島(ヨンピョンド)で軍事演習を実施 »

2010.11.28

原子力空母ジョージ・ワシントンが黄海に入り演習開始か

 米国と韓国が28日、朝鮮半島西方の黄海で
    4日間の日程
で合同軍事演習を始めた。
 北朝鮮による韓国・延坪島砲撃に対する事実上の対抗措置で、米海軍から原子力空母
    ジョージ・ワシントン
や複数のイージス艦、韓国海軍もイージス艦
    世宗大王
など最新鋭艦を参加させた。 ranking  

 中国は黄海において原子力空母を用いた演習を北朝鮮による延坪島(韓国)砲撃の前に牽制し、米国が一旦取りやめた経緯があるが、砲撃により情勢が激変し、北朝鮮に対する軍事行動をけん制した演習となっており、中国としても砲撃前のように非難することが出来なくなっている。
 当然ながら、米韓演習が両国と中国との外交関係にも影響を与える可能性がある。  
 北朝鮮は国営メディアが米空母の黄海進入に対して警告するなど反発しているが、先に手を出し、民間人を死傷させたことは大きなハンデとなり、支援を受けることが出来なくなっており、中国からのパイプラインによる原油輸送が定期点検等の理由で止められることが考えられる。
 北朝鮮は渋々ながら民間人への被害に対し中国からの圧力で遺憾の意を表明しているが、韓国世論が好転する可能性は低く、新たな武力挑発に備えて警戒を強め支援は凍結される可能性が高い。

 聯合ニュースでは、韓国政府関係者の話として、延坪島砲撃後、北朝鮮軍は地対空ミサイルを南側に前方展開し、黄海沿岸で地対艦ミサイルを発射台に設置していると報じた。 ranking

 演習開始後の同日午前、延坪島で砲声が1回聞こえ住民に緊急退避命令が出たが約1時間後に解除された。
 韓国軍は砲声は北朝鮮の陸地部から聞こえたとしているが同島に着弾したとの情報はなく、北朝鮮の訓練の範囲だけと考えられる。  

 韓国は、黄海上の南北境界線と位置付ける北方限界線(NLL)付近の海域で最高度の警戒態勢を敷いており、延坪島には兵士や報道陣を除き住民は約30人だけが残っている。

  最終日までに砲撃が行われる可能性は少ないが、万一、行われるとすれば最後通告となり、北朝鮮という国から金正日体制がなくなる可能性が高い。ただ、国は中国の影響を受けた軍部による集団指導体制で残ることが考えられる。 ranking

  

« 物価上昇率がさらに低下してデフレに陥るリスクがある(米国経済) | トップページ | 延坪島(ヨンピョンド)で軍事演習を実施 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/50154886

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力空母ジョージ・ワシントンが黄海に入り演習開始か:

« 物価上昇率がさらに低下してデフレに陥るリスクがある(米国経済) | トップページ | 延坪島(ヨンピョンド)で軍事演習を実施 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ