« 金融市場等ではポルトガルがいずれは救済の要請を余儀なくされるとの見方 | トップページ | 原子力空母ジョージ・ワシントンが黄海に入り演習開始か »

2010.11.28

物価上昇率がさらに低下してデフレに陥るリスクがある(米国経済)

 

内閣府は27日、年2回公表している
    世界経済の潮流情報
の中で、米国経済について賃金上昇率が低下傾向にあるなか雇用の急速な改善が見込みにくく、個人消費も抑制されることから、物価上昇率がさらに低下してデフレに陥るリスクがあると指摘した。ranking  

 林伴子参事官(海外担当 内閣府)は記者説明で、米国の消費者物価がマイナス圏に陥る可能性について
    あまり遠くない将来
にデフレに陥るリスクがあると考えているとの見方を示した。

 10月の米消費者物価指数(除く食品とエネルギー)は前年同月比0.6%の上昇にとどまり、1958年以来の低い伸びとなった。

  米連邦準備制度理事会(FRB)が今月3日の連邦公開市場委員会(FOMC)で決めた6000億ドルの中長期国債の買い取り決定などにより、足元は期待物価上昇率が上がってきている。これは良いニュース。この状況が続けばデフレに陥らないで済むかもしれないとの見方も示した。

 ただ、全体として物価見通しは下振れの方が大きいと述べた。 ranking  

   

« 金融市場等ではポルトガルがいずれは救済の要請を余儀なくされるとの見方 | トップページ | 原子力空母ジョージ・ワシントンが黄海に入り演習開始か »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/50151607

この記事へのトラックバック一覧です: 物価上昇率がさらに低下してデフレに陥るリスクがある(米国経済):

« 金融市場等ではポルトガルがいずれは救済の要請を余儀なくされるとの見方 | トップページ | 原子力空母ジョージ・ワシントンが黄海に入り演習開始か »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ