« 「カンクン合意」を採択 | トップページ | 定期地域経済調査 »

2010.12.13

中国の11月のインフレ率は2年4カ月ぶりの高い伸び

 中国国家統計局が11日発表した11月の消費者物価指数(CPI)は
   前年同月比+5.1%
に上昇した。
 10月の4.4%上昇から加速、事前の市場予想の4.7%上昇も上回ったことから中国当局が追加利上げに動く新たな理由となりそうだ。 ranking  

 11月の生産者物価指数(PPI)は
   同+6.1%
に上昇(事前の市場予想 同+5.1%)だった。

 中国は10月に2007年以来となる利上げに踏み切ったものの高価は限定的となっているようで、今後、CPIの力強い伸びや資本流入を受けて新たな措置を迫られる可能性がある。

 中国人民銀行(中央銀行)は10日、市中銀行の預金準備率を引き上げると発表した。

 金融システムから資金を吸収するのを狙いとした政策で、この5週間で3回目となるが、資金供給のパイプが国外からの資金の流入となっており、効果には疑問が残るところ。   

 なお、11月は食品価格が前年同月比11.7%上昇し、約2年ぶりの高い伸びを示したことから、賃金の上昇に追いついておらず貧富の差が拡大し暴動等の起こる要素が強まっている。ranking

 国家統計局によると、光熱費や賃貸料といった
   住居関連のコスト
もインフレ率を押し上げている。   

 国家統計局が同日発表した11月の工業生産は
   前年同月比+13.3%
の増加であった。   

 11月の小売売上高は
   同+18.7%
だった。 ranking

  

« 「カンクン合意」を採択 | トップページ | 定期地域経済調査 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/50288120

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の11月のインフレ率は2年4カ月ぶりの高い伸び:

« 「カンクン合意」を採択 | トップページ | 定期地域経済調査 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ