« 衣錦之栄 成功すれば... | トップページ | 一期一会 お茶のおもてなし »

2010.12.01

アイルランドの金融問題への介入は内政干渉では?

 アハーン司法相(アイルランド)の発言(30日)
   アイルランドの公共放送RTEとのインタビュー
 アイルランドの金融当局が欧州中央銀行(ECB)への救済要請を考えもしないうちに、11月、国外からわれわれに救済要請を迫る人々がいた。
 彼らは今、同じことをポルトガルにしていると述べた。ranking

 アイルランドに圧力をかけたのは誰かとのRTE問いに対し、もちろん、ECB内の人々だと答えた。  
 また、欧州連合(EU)当局者による情報が14日付の各紙に掲載され、アイルランドには信じ難いほどの圧力となったと語った。
 なお、ECBの報道官は同相の発言についてコメントを控えている。

 

ECB当局者が11月12日の電話会議でアイルランドに救済要請を勧めたとの関係者情報が流れ、その後数日で救済観測が高まった。 
 アハーン司法相は14 日に放映されたインタビューで、救済観測は真実でないと述べたものの、財務省は同日夕、救済交渉中であることを認めた。     

 ECBは金融危機に際して導入した緊急措置を段階的に解除したい考えであり、ユーロ圏周縁諸国の財政危機悪化でドイツ等の経済指標が好転しておりインフレ懸念が出てきたことから、金利引き上げ等の必要があるものの出口戦略を進めにくくなっている。

 アイルランド救済の詳細は28日にまとまったものの、スペイン国債などの利回り上昇は続いている。 ranking  

 トリシェ総裁(ECB)は28日、個々の国を支援するために同中銀が金融政策を決定することは許されないと指摘した。
 ECBがアイルランドに救済を要請するよう圧力をかけたかどうかについてブリュッセルの欧州議会で問われた同総裁は
    アイルランドの状況を考慮に入れて政策を調整することはない
と述べた。

 なお、先週はポルトガルが支援要請の圧力を受けているとのフィナンシャル・タイムズ・ドイツ版(FTD)の報道をポルトガルとドイツの両国が否定した。 (関連情報) ranking 

   

« 衣錦之栄 成功すれば... | トップページ | 一期一会 お茶のおもてなし »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/50179088

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランドの金融問題への介入は内政干渉では?:

« 衣錦之栄 成功すれば... | トップページ | 一期一会 お茶のおもてなし »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ