« 全米抵当貸付銀行協会(MBA)の住宅ローン申請指数 今年最大の落ち込み | トップページ | 欧州のソブリン債危機は米国の波及せず »

2010.12.02

為替市場に介入は不要(ラッカー総裁)

 ラッカー総裁(リッチモンド連銀 米)は、ブルームバーグラジオのインタビューで米国金融当局は為替市場に介入しなくなったが、この姿勢を変更するような動きは歓迎しないと述べた。
 ただ、介入見送りは恒久的な停止であってほしいというものの、実際に金融マーケットの動きを左右しているのは金融機関であり、FRBを構成している地区連銀への影響を持っており、事実上為替市場に介入する動きは過去も将来もチャンネルが違うだけのことでしかない。ranking 

« 全米抵当貸付銀行協会(MBA)の住宅ローン申請指数 今年最大の落ち込み | トップページ | 欧州のソブリン債危機は米国の波及せず »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/50187863

この記事へのトラックバック一覧です: 為替市場に介入は不要(ラッカー総裁):

« 全米抵当貸付銀行協会(MBA)の住宅ローン申請指数 今年最大の落ち込み | トップページ | 欧州のソブリン債危機は米国の波及せず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ