« 中国がソブリン債権問題等があるポルトガルを金融面で支援 | トップページ | 中国国内の農産物の価格安定化への取り組み »

2010.12.15

域内救済ファンドの規模や用途の拡大を検討

 トリシェ総裁(ECB)は、13日遅くにフランクフルトで記者団に、欧州各国の政府で
   域内救済ファンドの規模や用途の拡大
を検討するべきだとの見解を示した。ranking

 ECBは域内財政危機への対応で各国政府の役割強化を求めている。
 アイルランドの救済要請後も市場は沈静化せず、ECBは先週、6月以来で最大額の国債を購入した。

  欧州金融安定ファシリティー(EFSF)による国債購入を認めるべきかとの問いに対し、量と質の両面で、最大限の柔軟性と能力を求めたいと答えたもの。  ranking 


« 中国がソブリン債権問題等があるポルトガルを金融面で支援 | トップページ | 中国国内の農産物の価格安定化への取り組み »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/50305220

この記事へのトラックバック一覧です: 域内救済ファンドの規模や用途の拡大を検討:

« 中国がソブリン債権問題等があるポルトガルを金融面で支援 | トップページ | 中国国内の農産物の価格安定化への取り組み »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ