« 欧州共同債券「Eボンド」を発行すべきとの考え | トップページ | 愚者一得 貴重な情報というものはどこにでもある »

2010.12.06

ソブリン債危機に歯止めをかける方法について意見が分かれている

 ロンドン時間に入り、外国為替取引では、欧州の当局者らの間で、ソブリン債危機に歯止めをかける方法について意見が分かれていることからユーロが売られた。ranking

 ユーロ圏各国の財務相は6日、ブリュッセルで会合を持つ。
 これに先立ちベルギーのレインデルス財務相は
    ユーロ圏救済基金の拡大
もあり得ると発言した。
 ドイツのメルケル首相やフランスのサルコジ大統領と異なる姿勢を示した。

 一方、バーナン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は米国の
    リセッション
が再来する可能性は低いとの見解を示したことから米ドル高要因となっている。 ranking

  

« 欧州共同債券「Eボンド」を発行すべきとの考え | トップページ | 愚者一得 貴重な情報というものはどこにでもある »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/50229221

この記事へのトラックバック一覧です: ソブリン債危機に歯止めをかける方法について意見が分かれている:

« 欧州共同債券「Eボンド」を発行すべきとの考え | トップページ | 愚者一得 貴重な情報というものはどこにでもある »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ