« ECBによる債券買い入れが周辺国の借り入れコストを低下 | トップページ | ソブリン債危機に歯止めをかける方法について意見が分かれている »

2010.12.06

欧州共同債券「Eボンド」を発行すべきとの考え

 フィナンシャル・タイムズ(FT)紙(6日付 英)によると、ユーログループのユンケル議長(ルクセンブルク首相)とイタリアのトレモンティ経済・財務相は、債務危機問題に対処するため、欧州共同債券「Eボンド」を発行すべきとの考えを表明した。
 FTのコラム記事で、共同債券を発行するための欧州債券機関(EDA)は、加盟国の支持が得られれば、今月にも創設が可能との考えを示した。ranking

  

« ECBによる債券買い入れが周辺国の借り入れコストを低下 | トップページ | ソブリン債危機に歯止めをかける方法について意見が分かれている »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/50228660

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州共同債券「Eボンド」を発行すべきとの考え:

« ECBによる債券買い入れが周辺国の借り入れコストを低下 | トップページ | ソブリン債危機に歯止めをかける方法について意見が分かれている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ