« ギブ・アンド・テークは常に必要 | トップページ | 1バレル=140ドルに達すれば、一部先進国・地域の景気は二番底に陥る »

2011.03.06

アイルランドが融資金利引き下げと支払い期間の延長を要求

 ケニー次期首相(アイルランド)は、4日記者団に対し、欧州連合(EU)からの救済融資について
    返済の延長を求める考え
を明らかにした。 ranking 

 ドイツのメルケル首相やフィンランドのカタイネン財務相が出席し、ヘルシンキで開かれた
    EUの保守系当局者の会合
で、融資金利引き下げの要求を繰り返した一方、返済の延長を新たに提案した。

 アイルランドで
    銀行優先債保有者の保護
をやめることに対して各国の抵抗が強いのであれば、納税者の負担軽減のためにはそれに代わって
    現行平均7年半の返済期間の延長
を採用すべきだと語った。 ranking 

 メルケル首相らは、アイルランド向け支援融資の平均金利5.8%の引き下げを既に拒否している。  

   

  にほんブログ村 為替ブログへ ← 参考になったらクリックをお願いします。   
     にほんブログ村

     


 アイルランドの税制支援のためにアイルランドの債券等を金融市場から買い取るオペレーションを欧州各国やECB,金融機関等が実施したことで、アイルランドが破綻しなかったということを忘れている様にも見える。政権が変わったとしても、支援融資に引き下げと返済金支払いの延長を申し出をしても、アイルランド債券を保有している国は自国の金融機関の保護等を考えれば、それに応じる可能性は低い。また、好条件に変更しても果たしてそれに見合った利益が必要となる。これを棚上げにするような好条件などつける義務などない。 ranking 
    
 週明けはユーロ、ポンドがこうしたことを背景としてネガティブに反応する可能性が高い。

« ギブ・アンド・テークは常に必要 | トップページ | 1バレル=140ドルに達すれば、一部先進国・地域の景気は二番底に陥る »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/51044247

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランドが融資金利引き下げと支払い期間の延長を要求:

« ギブ・アンド・テークは常に必要 | トップページ | 1バレル=140ドルに達すれば、一部先進国・地域の景気は二番底に陥る »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ