« ECBの4月の政策委員会で利上げを支持する可能性 | トップページ | カダフィ政権側 巻き返し作戦で猛攻 »

2011.03.05

リビア傭兵は日当最大最大2000ドル

 AFP通信はリビアの最高指導者カダフィ氏が徴集した外国人傭兵のうち、約800人はアフリカのニジェールとマリのサハラ砂漠一帯に住む
    遊牧民トゥアレグ族
であると両国の治安当局者が3日明らかにしたと伝えた。ranking

 マリの首都バマコにあるリビア系のホテルには傭兵募集用の事務所が設けられ、現在もリビアの外交官が徴兵活動に当たっているという。

 傭兵の徴集はマリとニジェールのほか、アルジェリアやブルキナファソでも行われ、マリ北部の自治体関係者によると傭兵はチャドから空路リビアに入るか、陸路でリビア南部に向かっているようだと述べている。 ranking 

 トゥアレグ族はマリやニジェールでは少数派で、独立や自治を求める反政府武装活動を展開しており、こうした運動に携わる組織のメンバーの中から、リビアに向かう者が出ているという。

 人権団体「リビア人権連盟」によると、カダフィ氏の傭兵には
   屈強さなどにより最大2000ドル
              (約16万4000円)
の日当が支払われているという。

    

  にほんブログ村 為替ブログへ ← 参考になったらクリックをお願いします。   
     にほんブログ村

     
 
   

« ECBの4月の政策委員会で利上げを支持する可能性 | トップページ | カダフィ政権側 巻き返し作戦で猛攻 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/51035072

この記事へのトラックバック一覧です: リビア傭兵は日当最大最大2000ドル:

« ECBの4月の政策委員会で利上げを支持する可能性 | トップページ | カダフィ政権側 巻き返し作戦で猛攻 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ