« 2020年までに原子炉4基の建設計画を先送り(イタリア) | トップページ | 4月のユーロ圏総合景気指数(速報値) »

2011.04.19

復興国債の発行を早急に行うべきだ

 東日本大震災を受けた
   復興事業の財源
をめぐり、財政に対する国債市場の信認が崩れ長期金利が上昇すれば、
   利払い費
が増加に向かい、財源確保自体が難しくなるため早急な判断が必要だが、鈍牛では遅々として進まずといったところだ。

 禁じ手ではあるかもしれないが、発行後に円安になりインフレが加速すれば、債権の下落が起こり、米国との関係は悪くなるかもしれないが、海外資産として保有している外国債券で、前倒し償還すれば、保有している経費は軽く済むことも考えられる。先に税を投入する様は発言をするのであれば、保有する為替投入で発行した債券はどの様に償還するつもりであったのだろうか。ranking

 三菱総合研究所は、2011年度当初予算の組み替えで捻出しきれない復興財源は使途・償還期限を明確にした
   復興国債の発行
で調達し、復興税導入などで償還資金を確保すべきだと武田洋子シニアエコノミストは18日の記者説明会で述べた。ranking

 被災地域の復旧をベースとした必要予算総額を1995年1月に発生した
    阪神淡路大震災当時の約1.9倍
に当たる10兆円程度と推計している。
 第1次補正予算だけでなく、第2次補正予算以降の財源捻出も可能な限り、当初予算の組み換えをベースに取り組むべきだと続けた。ranking

 

« 2020年までに原子炉4基の建設計画を先送り(イタリア) | トップページ | 4月のユーロ圏総合景気指数(速報値) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/51437184

この記事へのトラックバック一覧です: 復興国債の発行を早急に行うべきだ:

« 2020年までに原子炉4基の建設計画を先送り(イタリア) | トップページ | 4月のユーロ圏総合景気指数(速報値) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ