« 英国の3月の生産者物価が市場予想を上回る伸び | トップページ | マウスのES細胞(胚性幹細胞)から網膜組織を作ることに世界で初めて成功 »

2011.04.09

インフレ抑制という責務を達成できなくなるリスク

 フィッシャー総裁(ダラス連銀 米)の講演(8日)
   場 所 ダラス
 連邦公開市場委員会(FOMC)は、最大規模の金融緩和策を導入している期間が長過ぎるという
   著しいリスク
に直面しており、6000億ドルの
   国債購入計画の縮小
を視野に入れるべきだとの見解を示した。ranking

 金融政策当局は、分水嶺に近づきつつあると述べ、責務を果たすため、これまで
   異例の緊急措置
を継続してきたが、今は時宜を得たやり方で根気強く業務を正常化へと立て直す必要があると述べた。 ranking

 FRBは役目を終えつつあり、長居するリスクが多く見られると述べた。 また、世界の他の地域では
   インフレ加速の傾向
がみられると指摘した。
 企業が商品相場の上昇に対応しているものの、この先数四半期に好ましくない物価の上昇が全般的に見られる予感がすると述べた。

  金融緩和策の出口戦略をめぐってはFOMC内でも意見が分かれているが、同総裁は米国債購入による
   量的緩和には消極的な姿勢
を示している。ranking

 

« 英国の3月の生産者物価が市場予想を上回る伸び | トップページ | マウスのES細胞(胚性幹細胞)から網膜組織を作ることに世界で初めて成功 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/51338614

この記事へのトラックバック一覧です: インフレ抑制という責務を達成できなくなるリスク:

« 英国の3月の生産者物価が市場予想を上回る伸び | トップページ | マウスのES細胞(胚性幹細胞)から網膜組織を作ることに世界で初めて成功 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ