« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011.05.30

緊縮財政策を完全に厳格に実行する必要

 独紙アーヘナー・ツァイトゥング紙はインタビュー記事として、トリシェ総裁(ECB)はギリシャが
   緊縮財政策
を完全に厳格に実行する必要があると述べたとが伝えた。ranking

 

2011.05.28

ユーロの強さは輸出企業にとって問題

 サルコジ大統領(フランス)は27日、フランスのドービルで開催された主要8カ国(G8)首脳会議(サミット)後に記者団に対し、ユーロの将来に
   交渉の余地はない
と述べ、ユーロの強さは
   輸出企業にとって問題
になることがあるとの認識を示し
   ギリシャの債務危機
に対する注目度を考慮すれば、ユーロの水準は矛盾していると指摘した。

 また、ドイツのメルケル首相とユーロ圏の債務危機について協議したと述べ、両首脳が単一通貨、ユーロを支援するためにできる限りのことをすると約束したことを明らかにした。ranking

    

専務理事の選出では「ふさわしい候補」が選出の基準

 ラガルド財務相(フランス)はBBCラジオとのインタビューで、国際通貨基金(IMF)の次期専務理事の選出について、オープンかつ透明で
   実績本位のプロセス
で行われる必要があると述べ、最終的に選ばれる候補者の国籍は欧州出身であるべきだとも新興市場国出身であるべきだとも思わない。
 ただ、ふさわしい候補でなければならないとの見方を明らかにした。ranking

   

2011.05.27

G8では、北アフリカや中東で広がった民主化運動を強く支持

 フランスのドービルで26日開幕した主要8カ国首脳会議(サミット)では、北アフリカや中東で広がった民主化運動を
   強く支持する
と約束したものの、エジプトやチュニジア向け共同支援プログラムの策定には至っていない。ranking

 民主化への移行を奨励し
   短期的な経済の安定
を促進するとの目的に基づき、同地域の
   人々と協力すること
で合意したことが声明の草案で明らかになった。
 なお、この問題に関しては、26日の夕食会でさらに協議されるという。

 フランスのサルコジ大統領はドービルで記者団に対し
   チュニジアとエジプトの成功
は極めて重要だと指摘、これは今回のG8で最も重要な問題だと述べた。ranking

  

2011.05.26

ドイツでは北部の空港が一時閉鎖

 アイスランドの火山噴火に伴う火山灰の影響で、ドイツでは北部の空港が一時閉鎖された。
 また、英ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とアイルランドのライアンエアは
   火山灰の密度
が最も高いと予想された空域での飛行を全面禁止する規制の緩和を求めている。

 グリムスボトン火山からの火山灰は東に移動し、ドイツではベルリンとブレーメン、ハンブルクの空港が25日朝に閉鎖された。
 こうした事態を受け、欧州の航空管制機関
   ユーロコントロール
は700便の欠航を予想した。

 最新の発表によれば、状況の改善に伴い空港は再開されている。ranking

   

金融危機の下振れリスクは残存

 グリア事務総長(経済協力開発機構 OECD)の発言(25日)
 金融危機が終わっておらず、ユーロ圏の債務危機やエネルギーコスト、米国の財政見通しを含め下振れリスクがまだあると述べた。ranking

 

米国経済成長率予想を下方修正

 コチャラコタ総裁(ミネアポリス連銀 米)の講演
   場 所 ロチェスター(ミネソタ州)
 金融政策については、基本予想に基づけば、連邦公開市場委員会(FOMC)が年末に向けてフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を適度な幅で引き上げると述べ、年内の引き締めが望ましいとの見解を示した。ranking
 自身の米国経済成長率予想を下方修正したほか、失業率の見通しを若干上方修正した。
 失業率は年末に「8.5%近く」になると予想、11日の講演では「8-8.5%」としていた。

 経済成長率については、この日の講演では「およそ3%」との見通しを示した。 米国が陥ったリセッション(景気後退)の深刻さを考えれば、この成長率は期待外れだと語った。
 11日は「3-3.5%」と見込んでいた。ranking

 

他の国ほど経済・金融危機を感じていない

 シュタルク理事(ECB)は、25日、ベルリンで講演ドイツは他の国ほど経済・金融危機を感じていないとの認識を示したものの、現状、危機は終わっていないと続けた。ranking

  

2011.05.25

カナダ・ドルを買うよう推奨

 野村ホールディングス(HD)はカナダ銀行(中央銀行)が年内に政策金利を引き上げる見込みであり
   円を取り巻く環境が悪化すること
を理由に挙げ円に対してカナダ・ドルを買うよう推奨している。
 カナダ中銀が年末までに政策金利を現行の1%から1.75%に引き上げるとエコノミストらが予想する中、カナダ・ドルは円に対して今年これまでに3.1% 上昇した。

 東日本大震災を受けて日本の景気が大幅に落ち込んでおり、日本銀行は政策金利をゼロ付近に据え置いている。 ranking

   

2回目の銀行ストレステストのドイツの金融機関13行が合格

 独紙ツァイトが金融業界の複数の関係者を引用し、欧州で実施された
   2回目の銀行ストレステスト
              (健全性審査)
で、ドイツにある審査対象の13行すべてが合格したとの暫定結果を報じた。
 ただ、関係者の名前は明記していない。  
 暫定結果は欧州銀行監督機構(EBA)が現在、査定しているという。ranking

   

米国 4月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、年率換算)

 

米国商務省が発表した4月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、年率換算)は
   32万3000戸(前月比+7.3%)
となった。ranking
 なお、市場の事前予想では30万戸だった。
 また、前月は30万1000戸(速報は30万戸)に修正された。
 今年2月には昨年8月と同じ、1963年の統計開始以来で最低となる27万8000戸まで落ち込んだ。

 地域別では全米4地域すべてで増加し、特に西部では15%急増した。
 4月の新築住宅の中間価格は21万7900ドル(前年比+4.6%)と上昇した。
 販売に対する在庫比率は6.5カ月(前月 7.2カ月)とここ1年で最低水準まで回復している。 
 市場にある新築住宅の在庫は4月末時点で17万5000戸と、1963年の統計開始以来で最低だった。ranking

    

2011.05.24

ソフトリストラクチャリングは信用崩壊を助長

 米国の格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、リポートで、欧州各国政府が
   ソフトリストラクチャリング
と呼ぶ償還期限延長・自発的債務交換は
   デフォルト(債務不履行)
に相当し、ギリシャは長期にわたり資本市場での調達が不可能になるだろうと指摘し、ギリシャが債務を再編すれば同国の銀行は予見可能な将来にわたり資金を欧州中央銀行(ECB)に依存することになるだろうとの見解を示した。ranking
 
 ギリシャの銀行セクターは
    保有するギリシャ国債
での損失を埋めるため資本増強が必要になる。
 また、少なくともギリシャ政府が資本市場から締め出されている間を通じてECBからの流動性支援を必要とするだろうとも分析した。ranking
 なお、ギリシャのデフォルトは秩序ある結果を生むための努力
があったとしても
    欧州の他の財政難国
とギリシャの銀行に影響を及ぼすだろうとし、欧州資本市場への影響の全体像は予想が難しく、制御することはさらに困難となり、その波紋は欧州全体の信用力、従って格付けに対し含みを持つことにもなると解説した。ranking

   

ポルトガルの公的な債務は持続可能

 ドスサントス財務相(ポルトガル)は、23日、ニューヨークで記者団に対し、ポルトガルの公的な
   債務は持続可能
であり、780億ユーロの救済パッケージは政府が現在の借入残高を減らすのに十分な規模であるとの認識を示した。
 また、国内総生産(GDP)に対する比率は2013年以降に低下し始めると述べた。ranking

 ポルトガル向けの3カ年支援計画では、同国の財政赤字の目標を対GDP比で今年は5.9%、来年は4.5%、13年は3%に設定している。

 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会では同国の債務について、今年は同比率で101.7%、来年は107.4%に増加すると予想している。
 なお、ポルトガルの昨年の公的債務は対GDP比で93%と、07年の68%から拡大していた。ranking

 
 

健全な金融機関や適正な担保に対して融資(ECB)

 ビニスマギ理事(ECB)は、23日、ウィーンで記者団に対しECBには融資に関する規定があり、文書化されており、健全な金融機関や適正な担保に対してECBは融資しなくてはならない。これが同規定のすべてであるとの認識を示した。
 また、賃金やインフレ期待の上昇につながっているインフレ加速のリスクをECBは「注視していると指摘したうえで、同時に、政策当局者は市場に基づくインフレ期待を
   過剰解釈
しないよう極めて慎重であるべきだと続けた。 ranking

2011.05.23

中国の海外投資が活発化

 メドベージェフ大統領の上級経済顧問を務めるアルカディ・ドボルコビッチ氏は中国当局者が先週、ロシア政府の
   新規プライベートエクイティーファンド
への投資のほか、ロシアの民営化計画を通じた資産購入について、モスクワで協議したtことを明らかにした。
 なお、中国国営の新華社通信は23日、中国投資(CIC)の楼継偉会長の話を引用し、CICがロシアへの直接投資を計画していると報じていた。ranking

  

5月のユーロ圏総合景気指数(速報値)は鈍化

 エネルギー価格の高騰に加え、一段の財政緊縮措置が実施される中、ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた経済活動は5月、拡大ペースが予想以上に減速、域内経済が勢い維持に苦しんでいることが示された。   

 マークイット・エコノミクスが23日発表した5月のユーロ圏総合景気指数(速報値)は
   55.4(前月 57.8)
に低下した。
 事前の市場予想では57.3が見込まれていた。 
 総合景気指数を構成する製造業景気指数は54.8(4月 58.0)に低下した
 また、サービス業景気指数も55.4と前月(56.7)を下回り、5カ月ぶり低水準となった。 ranking

2011.05.22

ギリシャ 債務再編を行わず

 

エスノス(ギリシャ紙)は22日付で、パパンドレウ首相(ギリシャ)が、同国が債務再編を行わず
   基礎的財政収支
     (プライマリーバランス)
が黒字となった際に市場に復帰するだろうとのインタビューを引用して伝えた。
 同首相はインタビューで、債務再編は同国と欧州諸国にとって問題外であり、仮定に基づいた
   リプロファイリング(期限延長)
に関する議論は行わないと語った。
 また、ギリシャがコントロールできない要因からは、同国が2012年に市場から資金を得られないことが示唆されていると述べた。ranking

  

2011.05.21

IMF ポルトガルに260億ユーロ(約3兆円)の融資を承認

 国際通貨基金(IMF)は20日、理事会を開き、財政危機に陥ったポルトガルに対する金融支援として
   260億ユーロ(約3兆円)
の融資を承認した。
  ⅠMFは欧州連合(EU)と合同で、厳しい財政緊縮策を条件にポルトガルに対して3年間で
   最大780億ユーロ
の金融支援を実施する方針という。
 EUは残る520億ユーロの負担を既に承認している。ranking

   

カダフィ大佐の行動が限定

 英国空軍のブラッケン中佐は20日、ブリュッセルで記者団に対し、北大西洋条約機構(NATO)が首都トリポリへの攻撃を強化したことから、リビアのカダフィ大佐の行動が限定されており
   事実上潜伏
しているとの認識を示した。 

 
   

ソフトな債務再編でもデフォルトに他ならない

 格付け会社フィッチ・レーティングスは欧州連合(EU)当局者が検討している
   ソフトな債務再編
でもデフォルト(債務不履行)と見なすと表明、ギリシャの信用格付けを引き下げたことから、逃避資産としての金の魅力が高まり相場は上昇した。ranking

 これを受けてユーロは米ドルに対して最大1.2%値下がりした。
 欧州の金融危機やインフレ加速、リビアでの戦闘などを背景に金相場は上昇局面にあり、5月2日には1オンス=1577.40ドルと過去最高値を更新している。ranking

   

2011.05.20

フィラデルフィア連銀管轄地区の製造業景況指数

 5月の米国のフィラデルフィア連銀管轄地区の製造業景況指数は、前月から大きく低下した。ranking
 5月の製造業景況指数は
   3.9(前月 18.5)
と大幅に減少し、拡大と縮小の境目であるゼロを辛うじて上回る水準まで低下した。
 市場では事前のエコノミスト予想が20であったため失望感が広がった。

 新規受注は5.4(前月 18.8)に低下した。
 また、出荷も6.5(前月 29.1)に急低下している。

 仕入れ価格指数は48.3(前月57.1)に低下、販売価格指数も16.8(前月 27.5)に落ち込んだ。 ranking

 なお、雇用指数は唯一プラスの伸びを示し、5月は22.1(前月 12.3)に上昇した。
 6カ月後の見通しでは、景況指数が16.6(前月 33.6)と2009年1月以来の低水準だった。ranking

   

IMFのストロスカーン専務理事の後任候補にラガルド仏財務相を支持

 ドイツ経済紙ハンデルスブラット(電子版)が、匿名で語ったメルケル連立政権の高官を引用、ドイツのメルケル政権は、辞任した国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事の後任候補にラガルド仏財務相を支持すると報じた。
 同紙によると、メルケル首相は国内の人材を後任に推薦する意向はないという。ranking

  

2011.05.19

英国 4月の小売売上高が市場予想以上の伸び

 英国では4月の小売売上高が平年より温暖な天候に加え、イースター(復活祭)とウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式に伴う祝日で、、4月後半は2週連続で3連休となったことから市場予想以上の伸びとなった。ranking
 ロイヤルウエディングで祝日が増えたことが支出増加への追い風となった。   
 英国政府統計局(ONS)が19日発表した4月の小売売上高指数は
   前月比+1.1%
と上昇した。
 事前の市場予想では、0.8%の上昇が見込まれていた。
 なお、前年同月比では2.8%上昇となった。

 3月の指数は前月比+0.3%(改定前=0.2%上昇)上昇、前年同月比1.1%上昇(同1.3%上昇)にそれぞれ修正された。 ranking  

 

2011.05.18

大き過ぎてつぶせない銀行への資本規制の強化

 ヨルダン副総裁(スイス国立銀行 SNB)は、17日、ジュネーブでの講演で金融規制当局が提案する大き過ぎてつぶせない銀行に対する
   資本規制の強化
が銀行に打撃を与え、かつ経済成長を抑制するとの懸念は
   誇張されており、概して根拠のないものだ
と述べた。ranking

 資本規制の強化という提案の内容が行き過ぎているということは全くないと述べ、大規模な銀行が危機に陥り、国の支援が必要になれば、監督・財政政策の面で耐え難いほどの負担が生じることになる。
 当局の措置はそうしたことが起こる可能性を大幅に低下させるものであり、この措置は同時に、市場の規律も修復させると説明した。ranking

 

2011.05.17

ギリシャには民営化の余地

 フェクター財務相(オーストリア)は16日、ブリュッセルでの欧州財務相会合が始まる前に記者団に対し
    ギリシャには民営化の余地
がかなりある。
 追加支援を求める前に自国で対応すべきだと述べた。 ranking

 なお、IMFはギリシャやアイルランド、ポルトガル向けの救済資金の3分の1を拠出する役割を担っているが、欧州の財務相はストロスカーン専務理事の逮捕がこの役割に悪影響を及ぼすことはないとの見解を示した。
 今回の会合には、ネマト・シャフィク副専務理事がIMFの代表として出席している。

 同会合ではこのほか、ポルトガルに対する780億ユーロの支援承認とドラギ・イタリア銀行(中央銀行)総裁の欧州中央銀行(ECB)次期総裁への指名も議題に入っている。ranking

  

2011.05.16

4月のユーロ圏消費者物価指数

 欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が16日発表した4月のユーロ圏消費者物価指数(改定値)は
   前年同月比+2.8%
と上昇、インフレ率が前年同月比で2008年10月以来の高水準でとなり、先月29日公表の速報値と一致した。
 欧州中央銀行(ECB)に対する追加利上げ圧力が強まっている。ranking

  

ギリシャが来年資本市場に復帰できることはないだろう

 ユンケル議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)の発言
   ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)
 ミュンヒナー・メルクァ紙はユンケル議長として、ギリシャが来年資本市場に復帰できることはないだろうとの見通しを示したと伝えた。ranking

 同紙によると、同議長はギリシャが
    総額1100億ユーロの支援
の3回目の融資を受けたり、追加支援を得るにはさらに民営化に努力する必要があると語った。

 独紙ウェルトは欧州委員会と国際通貨基金(IMF)、ドイツ政府はギリシャの財政状況が悪化しているため、ギリシャ国債の償還期間の延長を支持していると伝えた。
 なお、この情報源には言及していない。

  同紙によると、欧州中央銀行(ECB)とフランスはギリシャ国債の
    いかなるヘアカット(債務減免)
にも依然反対しているとしている。ranking

 

   

2011.05.14

ダフィ大佐は恐らく負傷している

 フラティニ外相(イタリア)はリビアの最高指導者カダフィ大佐は恐らく
    首都トリポリにはいない可能性
が高く、恐らく負傷していると思われるとシエナ(イタリア)での記者会見で語った。
 ただ、イタリアがカダフィ大佐の所在や状態について具体的な情報を持っているわけではなく、自身の見解はマルティネリ大司教(トリポリ)の発言に基づくものだと説明した。rankin

  

2011.05.13

新基準 バーゼル3

 トリシェ総裁(ECB)は13日、マドリードで講演で金融システムの回復力を強化し、成長への持続的な恩恵を確実にするために、銀行の自己資本に関する
   新基準 バーゼル3
を不当に先送りすることなく実施する必要があると呼び掛け、われわれ全員が必要な全ての措置を講じるのは明白な責務だと述べた。 ranking

  

余りある資金が中国市場の過少な物件を追い求めている

 ビクラム・パンディット最高経営責任者(CEO シティグループ)の講演
 ニューヨークで米中関係の組織向けに講演し、中国については、これだけの資金をどこかに投資しなくてはならないが
   対外投資の抑制
が余りある資金が国内市場の過少な物件を追い求めて国内物価を押し上げており、資産価格のインフレは避けられないと述べた。
 なお、両国とも経済のバランスがあまりうまくとれていないと指摘した。ranking

 アジアが世界最大の消費地域として北米を追い抜いているなか、米国は輸出を強化する必要がある。

 貯蓄率が53%の中国では
   消費者市場
が潜在力を発揮しておらず、将来的に経済成長を抑制する可能性があると述べた。

 中国人民銀行(中央銀行)は12日、市中銀行の預金準備率を引き上げると発表した。ranking

   

2011.05.12

米ドル 長期的に見て最悪の状況となる

 ジム・ロジャーズ会長(ロジャーズ・ホールディングス)は、エジンバラ(英国)での会議で長期的に見て、米ドルは
   最悪の状況となる
との認識を示し、その理由として米国が世界最大の債務国であることや、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が推し進める金融政策を挙げた。ranking

 一方、中国人民元は
   安全な通貨
となる可能性が高いと指摘したものの投資家が買うのは難しいと続けた。
 米国の状況は悪化しつつあり、深刻な問題が起こると予想していると述べ、バーナンキ博士は経済学を分かっていないし、金融についても理解していないと続けた。
 彼が分かっているのは
    お金を刷ることだけだ
と批判した上で、次に景気が減速した時にマネーの量を4倍にはできないと言明した。ranking

 債券市場については米国の債券市場は
   30年間強気相場が続いた
と述べ、私の見方では、それは終焉を迎えつつある。
 現在は政府関連証券のみ購入しているとし
   市場で下落
が見込まれているためと説明した。ranking

 また、商品の強気相場がいつ終わるかについては予想できないとコメントした。
 なお、探すべき兆候は分かっているとした上で、そうした
   兆候を認識できるだけの賢さ
が自分にあることを望んでいると続けた。

 

為替相場についてはたぶんこの秋に為替相場で一層の混乱が起き、2013年までにはさらに混乱が深まると予想していると述べた。

 なお、現在は米ドルを買い進めているとし、米ドルが下落するとの見方が市場のコンセンサスになっているためと説明した。

 このほか、保有する他のポジションのヘッジとして中国を除く新興市場および米国のテクノロジー関連株を空売りしていることも明らかにした。ranking

 農業のほか、太陽光・風力発電といった代替エネルギーの分野で向こう数年間「大きな富を築くことができるとの見方を示した。ranking

   

4月の米財政収支統計 税収入が増加トレンドを形成

 財務省が11日発表した4月の米財政収支統計によると4月の米国の財政赤字は税収入の増加に伴い405億ドルと、前年同月の827億ドルの赤字から縮小した。
 市場の事前予想では410億ドルの赤字だった。ranking

 今会計年度(10年10月-11年9月)4月までの財政赤字累計は
   8699億ドル
    (前年同期 7997億ドル)
に拡大している。   
 内訳として4月の歳出は3300億ドル(前年同期比+0.6%)、歳入は2895億ドル(同+18%)になった。   

 今年度の個人所得税収入は6312億ドル(前年同期比+26%)、法人税収入は3.9%増加した。   
 税収入が増加トレンドを形成し始めている」と指摘。「根本的に前向きのトレンドである」と述べた。 ranking

2011.05.11

 ラッカー総裁(リッチモンド連銀)の講演(10日)
   場 所  アーリントン(バージニア州)
 予期せぬ深刻な事態が起こらない限り、今回の金融刺激策は、来月末に6000億ドルの米国債購入計画が終了した後
     金融刺激策の引き揚げ
の時期とペースを見極めていく必要があるとの見解を示した。 ranking
 刺激策解除のタイミングとペースは景気動向によるが、前回の景気回復で学んだ教訓を忘れてはならないと述べ、経済活動の水準がリセッション前のトレンドまで回帰しなくとも、インフレの高進はあり得るということだと続けた。

 なお、バーナンキ議長(FRB)をはじめとして米国連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーらは、量的緩和策第2弾の米国債購入計画を6月末で終了すると表明している。
 今のところ、終了後の計画については明らかにされていない。 ranking

  

2011.05.10

ギリシャ ソブリン債券の格付け引き上げ見通し

 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは9日、ギリシャ国債の自国通貨建て、および外貨建て格付け「B1」を引き下げ方向で見直すと発表した。

 ギリシャ向けの1100億ユーロの救済パッケージが取りまとめられてから1年になるが、ギリシャの債務は膨張が続き借り入れコストも記録的水準となって改善が見られない。
 このため、当初の計画通りの市場復帰は難しいとみられる。ranking

  

ギリシャの信用格付けを2段階引き下げ

 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9日、ギリシャの信用格付けを
   従来の「BB-」から「B」
へ2段階引き下げた。
 なお、デフォルト(債務不履行)のリスクが高まる中でさらに格下げする可能性もあると見られる。

 この格下げは昨年4月以来で4回目で、ギリシャの格付けがもう1段階引き下げられれば、欧州で最低となる。ranking

 ギリシャ10年債の利回りは21ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して
   15.7%
と、1年前にギリシャが国際支援を受けた時から2倍以上の水準に上昇した。ranking

  

ギリシャ向け融資の条件を緩和

 欧州連合(EU)は6日の緊急会合で、昨年合意が成立した
     総額1100億ユーロ
のギリシャ向け融資の条件を緩和するこで合意した。

   
  

2011.05.09

ECB ポルトガルの銀行向け融資が増加傾向

 ポルトガル銀行(中央銀行)が9日、ECBがポルトガルの銀行向けに4月に貸し出した資金は
   前月比+23%
に増加したことを明らかにした。ranking
 ポルトガル銀行がウェブサイトに掲載した資料によれば、4月のECBの融資額は
   480億900万ユーロ
     (3月 391億2400万ユーロ) 
に増加した。
 ECB融資額は昨年8月のピーク時に491億ユーロに達した。ranking

     

米中戦略・経済対話で段の元高を求めるとの観測

 中国人民元は9日、ガイトナー財務長官(米国)が、今週ワシントンで開く
    米中戦略・経済対話
で中国側に一段の元高を求めるとの観測が背景となり買いが強まり1993年以来の高値近辺で推移した。   
 中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は前週末比ほぼ変わらずの1ドル=6.4939元で推移している。
 先月29日には一時、93年以来の高値となる6.4892元を付けた。ranking

    

2011.05.08

保守党と自民党の関係が緊張する兆候(英国)

 

自由民主党党首であるクレッグ副首相は現行の
   単純小選挙区制度
から
   優先順位付き連記投票制
への変更の是非を問う国民投票を保守党との連立政権樹立の前提条件としていた。
 英国の下院選挙制度をめぐる5日の国民投票では、約70%が同副首相が主張する新制度に反対する結果となった。ranking

 キャメロン首相にとって勝利となるが、英国民投票をめぐっては、改革に反対する
   「ノー」キャンペーン
でクレッグ副首相への一連の個人攻撃が行われており、保守党と自民党の関係が緊張する兆候がある。
 なお、保守、自民党ともに、連立政権が
   財政赤字を削減する戦略
を維持するとしている。 ranking  

 
 
  
 
 

バークシャー・ハサウェイ 5億600万ドルの評価損を計上

 米国の証券取引委員会(SEC)から質問を受け、資産家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資・保険会社
    バークシャー・ハサウェイ
は、住宅ローンで最大手の
    ウェルズ・ファーゴ
と世界2位の食品会社
    クラフトフーズ
の保有株式について合計5億600万ドルの評価損を計上したと回答した。ranking

 2月にSECに対し、ウェルズ・ファーゴとクラフトの株価が回復すると予想し、昨年は評価損を計上しなかったと回答していた。
 6日、金融当局への届け出で、ウェルズ・ファーゴで3億3700万ドル、クラフトで1億6900万ドルの評価損を計上したことを明らかにした。

 バークシャーは先週、1-3月(第1四半期)の暫定決算を公表した後で、決算の詳細を発表した。
 なお、保険部門で8億2100万ドルの引き受け損失が生じたため、純利益は15億1000万ドルと、前年同期の36億3000万ドルを大きく下回った。ranking

  

ギリシャ債券問題 債権者の保有する債券のヘアカットが最初

 独紙ウェルトによれば、ドイツのクリスティアン・リントナー氏(自由民主党(FDP)幹部)はギリシャが債務を再編せざるを得なくなる可能性について
   単に時間と条件の問題だ
との見解を示したことを伝えた。   
 FDPはメルケル首相の連立パートナーで同紙がインタビューを引用して報じたところによると、同氏はユーロ圏諸国へのさらなる支援では
   債権者の保有する債券
のヘアカット(債務減免)が最初に求められるべきだと語った。

 また、今月13日の同党の年次会合では債務危機が重要議題になるだろうと述べた。ranking

   

ギリシャのプログラムの実行を議論

 リイカネン総裁(フィンランド中銀)の発言(7日)
 欧州中央銀行の金融政策委員会メンバー
 国営YLEテレビとのインタビューで、ルクセンブルクで6日開催された会合は
   ギリシャのプログラムの実行
を議論することが目的であり、ユーロ圏からの離脱を望むユーロ加盟国はないと言明した。ranking

   

2011.05.07

米国 新規失業保険申請件数

 労働省が発表した4月30日に終了した週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は
   47万4000件
    (前週比+4万3000件)
と大幅に増加、昨年8月以来の高水準となった。ranking

  

市場参加者は追加利上げ先送りと受け止めた(ECB)

 トリシェ総裁(ECB)が会見において欧州経済におけるインフレリスクに対する見方として
   強い警戒
という言葉を使わず、インフレリスクを
   極めて厳密に監視する
との表現にとどめたため、市場参加者は追加利上げ先送りと受け止めたようだ。
 外国市場ではこれを受けて米ドルが対ユーロで上昇した。ranking 

    

2011.05.06

スペイン 1-3月期の国内総生産(GDP)

 スペイン銀行(中央銀行)は6日、1-3月期の国内総生産(GDP)は
   前期比+0.2%
   前年同期比+0.7%

に増加、輸出の伸びがGDP拡大に寄与したものの、内需が悪影響を及ぼしたという。
 これは昨年10-12月(第4四半期)と同じペースで拡大したとの試算であった。
 スペインでは膨らみつつある債務負担とユーロ圏で最悪の失業率への対応に苦しんでいるという。  ranking 

 スペイン工業省のデータによると、1-2月期の輸出はフランスとドイツからの需要回復が追い風となり
   前年同期比+27%
に増加した。
 なお、政府の経済成長率見通しは、今年が1.3%、来年は2.3%という。

 国際通貨基金(IMF)とスペイン中銀の予測は政府見通しを下回っている。 ranking

  

ある時点で利上げが必要

 豪準備銀行(中央銀行)は6日に公表した金融政策四半期報告で、鉱業への投資が失業率を押し下げ、インフレが加速する中で
   ある時点で利上げが必要になる
との見通しを明らかにした。ranking
 豪中銀では、豪ドルの強さと家計の貯蓄水準の高さが
   資源ブーム
に伴うインフレ圧力の一部を打ち消すものの、向こう数年間の大半にわたって
   潜在インフレ率
は目標の上限部分で推移するとの見方を示した。

 なお、今年通年の成長率見通しは4.25%とし、2月時点での予測を据え置いた。
 一方では、消費者物価指数の上昇率は3.25%(従来 3%)と予想し引き上げた。
 また、コアインフレ率見通しも2.75%から3%に引き上げた。ranking

  

単独行動主義

 サルマン・バシール外務次官(パキスタン)は5日、イスラマバードでの記者会見し、米軍の特殊部隊による国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の殺害は
   単独行動主義
に基づくものだとし、同様の行動が再発すれば
   恐ろしい大惨事
をもたらす可能性があると警告した。ranking
 同外務次官はで、もちろん、米国は友人であり、テロとの戦いにおける重要なパートナーだとしながらも、どういった国であれ
   単独行動主義を模倣できる
という仮定の下に行動すれば、基本的な見込み違いだということが分かるだろうと語った。ranking

  
 

 なお、単独行動主義(ユニラテラリズム)とは、二国間の交渉と合意を重視する
   二国間主義(バイラテラリズム)
や、全ての関係国が対等な立場から目標と枠組みを作り、そのルールに基づき行動する
   多国間主義(マルチラテラリズム)
と対比される言葉で、特徴として国との協力より自国の力に依存する傾向が強く見られる。
 また、自国の理念・国益を国際社会全体の目標と強弁する独善性があり、外交交渉・多国間の決定枠組みからの制約を嫌うため、単独行動する傾向が強いものである。
ranking
 
 もともと、米国には、米国の世界観を中心とした独善的な志向があり米国だけが世界であり、内向きの自己完結型の社会をつくりだすという孤立主義(パクスアメリカーナ)と、第二次世界大戦後に世界をアメリカ化しようとして拡張覇権的な価値観を押し付けるという動きを強めるなど両面がある

  

  参考になったらクリックをお願いします。

   


 
  

新規失業保険申請件数が増加(米国)

 米国労働省がこの日発表した4月30日に終了した週の新規失業保険申請件数は
    47万4000件
     (前週比+4万3000件)
となった。ranking

    

人口推計リポート

 国際連合が3日に人口推計リポートを公表した。
 現在約70億人の世界人口が、2100年までに101億人に達する公算が大きいとの見通しを示した。
 国連が2100年の予測を示したのは今回が初めてのこと。ranking

  

2011.05.05

NZ 1-3月(第1四半期)の失業率が低下

 NZ統計局が5日発表したところによると、同国の1-3月(第1四半期)の失業率は
   6.6%
に低下した。
 なお、10年10-12月(第4四半期)の統計は6.7%に改定された。
 第1四半期の雇用者数は前期比+3万人(1.4%)と、08年4-6月(第2四半期)以来の高い伸びとなった。 ranking

豪統計局 3月の小売売上高は予想外の減少

 豪統計局が5日発表した3月の小売売上高は
   前月比-0.5%
だった。
 なお、市場の事前予想では同0.5%の増加だった。

 小売売上高の予想外の減少を受けて、豪ドルは下落した。 ranking

   

週間石油在庫統計(4月29日までの週)

 EIA(エネルギー省エネルギー情報局 米)が発表した週間石油在庫統計(4月29日までの週)によると、原油在庫は
   前回比+342万1000バレル
        (予想 同+200万バレル)
で、ガソリンは104万6000バレルの減少(同50万バレル減少)となった。

 

2011.05.04

欧州 4月の総合景気指数(改定値)

 製造業の生産活動の高まりで3月からは上昇し、ユーロ圏経済が原油高の影響を乗り切っていることが示唆された。 ranking

 マークイット・エコノミクスが4日発表した4月の総合景気指数(改定値)は
   57.8(3月 57.6)
に上昇、サービス業と製造業の活動は、先月19日公表の速報値と一致した。
 ユーロ圏の総合景気指数を構成するサービス業景気指数(改定値)は
   56.7(速報値=56.9)
と3月の57.2から低下した。
 なお、2日に発表された製造業景気指数(改定値)は58.0(前月 57.5)と上昇していた。ranking

  

ソロス・ファンド 所有する金と銀の大半を売却

 ウォールストリート・ジャーナル(WSJ 米紙)は
   資産280億ドル
     (約2兆2700億円)
を運用する投資家ジョージ・ソロス氏の経営するヘッジファンド
   ソロス・ファンド・マネジメント
が、投資していた金と銀の持ち高の大半を売却したことを事情に詳しい複数の関係者を引用して報じた。
 なお、売却の多くは過去1カ月に実施されたという。

 ソロス・ファンドはデフレ・リスクの後退を理由にこれらの資産の売りを決めたとしている。ranking

    

ポルトガル支援で合意

  ポルトガルは4月、ギリシャとアイスランドに続き、EUに
   支援を要請
するユーロ圏で3番目の国となった。
 国際通貨基金(IMF)、欧州委員会、欧州中央銀行(ECB)の当局者が同月、支援とりまとめのためにリスボンに入った。ranking

 ソクラテス首相は公邸から生中継で3日、ポルトガルは、欧州連合(EU)主導の同国向け金融支援をとりまとめている当局者らと合意に達したことを明らかにした。
 ポルトガル政府は良好な合意を確保することができたと述べた上で、合意内容について支援期間は3年、規模は
   最大 780億ユーロ
       (約9兆4000億円)
で財政赤字削減でより多くの時間が与えられた。
 合意によると、財政赤字の対国内総生産(GDP)比率の新たな目標は
   今年 5.9%
で12年が4.5%、13年が3%であった。
 なお、3月時点の政府目標は今年が4.6%、12年が3%、13年が2%だった。ranking

   

米国はインフレ傾向が高まりつつある

 ホーニグ総裁(カンザスシティー連銀)の発言(3日)
    場 所 ワシントン
 管轄区内のどこに行ってもインフレについて聞かれると述べ、利上げを通じて
    インフレ懸念を鎮静化させる必要
があると語った。
 もし、そうしなければ、懸念は時間をかけて積み上がるだろうと続けた。ranking

 また、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を1%に向けて引き上げ始め、その後は景気回復にあわせて追加利上げを実施するのが望ましいとの見解をあらためて示した。

 

先週、米連邦公開市場委員会(FOMC)が示したインフレ予想の引き上げについては
    問題だ
と指摘した。

 ホーニグ総裁は昨年、FOMCが決定した8度の金利据え置きにいずれも反対票を投じ、金融引き締めを主張した。ranking

  

経済面で希望の持てる兆候

 ガイトナー財務長官の講演
   要 件 ワシントンでのイベント
 中国について国内の問題にも対応する必要が出てくると指摘、人民元相場の上昇加速が望ましいと述べた。 また、経済面で希望の持てる兆候が出てきていると評価した。ranking

   

ドイツ銀行  司法省が10億ドル(約809億円)の賠償を求め連邦裁判所に提訴

 米国司法省は3日、ドイツ銀行とその子会社
    モーゲージIT
がリスクの高い数千もの住宅ローンについて、米国住宅都市開発省(HUD)の連邦住宅局(FHA)による
    住宅ローン保証プログラムの資格
を得られるよう、ローンの借り手がデフォルト(債務不履行)のリスクに直面することはないと繰り返し虚偽の説明をしたとし
    10億ドル(約809億円)
を超える賠償を求めて同行をニューヨーク市マンハッタンの連邦裁判所に提訴した。ranking

 司法省は、ドイツ銀行とモーゲージITが借り手の収入や信用度の分析を求めているHUD規定を
     甚だしく違反すること
で、問題のあるローンを隠蔽していたと指摘した。
 モーゲージITは1999年以降3万9000余りのローンについて、FHAの保証対象として承認し、こうしたローンが
    再販で高い需要を得られる
ようにしていた。
 なお、このうち、約3割弱の1万2500件のローンがデフォルトに陥った。ranking

 

ドイツ銀行はモーゲージITを2007年1月に
    4億2900万ドル
で買収し、翌年には事業を閉鎖している。

 なお、ドイツ銀行の広報担当ルネ・カラブロ氏はモーゲージITと当社に対する訴えは不合理かつ不公正であり、これに対して精力的に当社を弁護する考えだとしている。ranking

  

2011.05.03

4月の製造業景気指数(米国 ISM)

 米国の供給管理協会(ISM)が2日発表した4月の製造業景気指数は
   60.4(前月 61.2)
に低下した。  
 この低下は2カ月連続で市場の事前予想の60は上回った。
 同指数は50が景気を見極めるうえでの分岐点となる。

    

力タリバン パキスタンのザルダリ大統領を襲撃すると警告

 パキスタンの民放ARYテレビはイスラム教原理主義の反政府勢力タリバンは、国際テロ組織アルカイダの指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者殺害の報復として、パキスタンのザルダリ大統領を襲撃すると警告したとタリバンのスポークスマンを引用して報じた。

    

ギリシャ国債の元本削減には反対だが、返済期限延長を検討することが可能

 ウェリンク総裁(オランダ中銀)の発言(2日)
  欧州中央銀行(ECB)理事会メンバー
 ギリシャの債務について、ギリシャ国債の元本削減には反対との立場を示した上で、
    返済期限延長を検討することが可能
との見方を示した。
 なお、こうした見解を公に表明するのはECB当局者として初めてとなる。ranking  

 講演の質疑応答で、債務再編は基本的に、請求書をわれわれのほうに送ってくれと言っているようなもので、そうするべきではないと述べ、支払いは痛みを伴なうものと指摘した。
 時に予想以上の時間がかかる場合がある。
 時に債務再編につながるケースもある。
 しかし、一部で提唱されている方法ではなく、返済期限の延長という形をとる可能性があると述べた。  
 ただ、返済期限をどのように延長するかには言及しなかった。ranking

 ウェリンク総裁は6月末でオランダ中銀総裁の任期を終えるが、この発言がECB全体の見解に影響するかどうかは明らかでない。

 金融市場ではギリシャ経済再建のためには何らかの形の債務再編が必要になるとの見方が強まっており、これが金融不安につながる可能性もある。ranking

  

2011.05.02

ウサマ・ビンラディン容疑者を無力化

 パキスタン外務省は2日、国際テロ組織アルカイダの指導者
    ウサマ・ビンラディン容疑者
が現地時間の午前1時30分に中央情報局(CIA)主導の作戦によって、地上部隊やヘリコプターなどで急襲を受けて殺害されたことを確認したとし、同容疑者の死亡がテロ組織にとって「大打撃」だとする声明を発表した。ranking

  ニューヨークタイムズ紙は2日、パキスタンで米国部隊に殺害されたウサマ・ビンラディン容疑者の遺体はアフガニスタンに運ばれ、その後、海に葬られたと報じた。

 オバマ大統領は、アルカイダの指導者で2001年の同時多発テロの首謀者とされるビンラディン容疑者を、米国主導の作戦により1日にパキスタン北部の街アボタバードで殺害したと発表した。ranking
 米軍当局者は、同容疑者は殺害され、米国側が遺体を確保したと語っていた。  
 地元テレビは頭部を銃撃されたビンラディン容疑者とみられる映像を放映していた。ranking

  

EU諸国ではインフレを吸収し4月の製造業活動が拡大

 マークイット・エコノミクスが2日に電子メールを通じて発表した資料によれば、ユーロ圏ではドイツとフランスの生産増加がけん引役となり、4月の製造業活動の拡大ペースが速報値から上方修正された。ranking

 ユーロ圏経済が
    エネルギーコスト急上昇の影響
を乗り越えつつあることを示唆しているという。
 4月のユーロ圏製造業景気指数(改定値)は58.0(3月 57.5)に上昇した。
 4月19日に発表した速報値は57.7だった。ranking

  

国家債務を削減する手段は国営企業の政府持ち分売却を希望(ギリシャ)

 債務問題でソブリン債券の下落が懸念されているギリシャの国民の大半は
   国家債務を削減する手段
として国営企業の政府持ち分売却を望んでおり、公務員の終身雇用保証の廃止を支持していることが、世論調査で明らかになった。ranking

 パパンドレウ政権は既に、通信サービスのヘレニック・テレコミュニケーションズや電力会社のパブリック・パワーなどの持ち分売却で
    500億ユーロ(約6兆円)
を調達する目標を表明している。

 ギリシャ紙カティメリニが委託したパブリック・イシューの調査(514人対象)によると、74%が国有資産の売却は避けられないと回答した。
 なお、売却の必要はないとの答えは21%にとどまった。ranking

 また、ほぼ10人に7人が、公的部門よりも
    民間部門の役割強化
の方がギリシャの成長回復につながると回答した。
 政府職員の雇用を保証すべきではないとの回答率は58%に達し、保証すべきだとの37%を上回った。  

 3月30-4月1日に実施された同調査の誤差率は、プラス・マイナス4.5ポイントという。ranking

     

インフレ抑制姿勢が加速

 欧州中央銀行(ECB)は年内に
   政策委員会
の顔触れの最大3分の1が入れ替わる。
 過去にこの様な規模の交代は例がなく、同委員会の
   インフレ抑制姿勢
がさらに強まることになるとの市場の予測が強まっている。 ranking

 トリシェ総裁が退任する節目の今年
    政策委メンバー23人のうち7人
が入れ替わる可能性があるという。
 次期総裁への就任が有力視されるマリオ・ドラギ氏(現イタリア銀行=中央銀行=総裁)が率いるとみられる次期政策委については
    インフレファイター
としてタカ派色が強まると予想している。 ranking

 なお、新たなメンバーが当初声高な主張を抑えることで、チーフエコノミストであるシュタルク理事ら既存のタカ派勢力の影響力が強まるとも考えられる。  

 リュック・クーン新総裁(ベルギー中央銀行)は、インフレ圧力の高まりを抑えるために追加利上げを支持すると市場では予想されている。

 ドイツでは、ドイツ連邦銀行のウェーバー前総裁の後任として
    バイトマン新総裁
が2日から執務を開始するが、ドイツではユーロ圏の主要4カ国で唯一、ECB次期総裁としてドラギ氏支持を現在のところ表明していない。ranking

  

中国の経済成長は減速

 米国の債券ファンド最大手
    パシフィック・インベストメント・マネジメント
                        (PIMCO)
は、中国の経済成長がコンセンサスよりも低い成長になり、インフレ率が多くの人々が予想するよりも加速するだろうとの予測を明らかにした。
 PIMCOは韓国ウォンと人民元が上昇するとの見通しで、円相場は下落するかもしれないと予想している。ranking

   

4月の製造業購買担当者指数が鈍化(中国)

 張立群上級研究員(中国国務院発展研究センター)は1日、中国の4月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済み)は
   経済成長が減速する可能性
が強まったことを示しているとの見方を示した。ranking

  
 
   

2011.05.01

カダフィ大佐の自宅を爆撃 次男セイフイスラム氏が死亡

 リビア外務省報道官は1日の記者会見で
   北大西洋条約機構(NATO)軍
がリビアの首都トリポリにあるカダフィ大佐の自宅を爆撃し、次男の
   セイフイスラム氏
と大佐の3人の孫が死亡したことを明らかにしたとニュースで放映した。
 同報道官によると、カダフィ大佐と妻は生存しているという。 ranking 

 なお、セイフ・イスラム氏は4月2日父親カダフィ大佐を権力の座から退かせ
   自らの統治下
で憲法に基づく民主体制に移行するとの解決策を提案していることを明らかにしていた。
 ただ、西側外交筋では、カダフィ大佐自身も、また同大佐の追放を目指す反体制側も受け入れないと見ていた。 ranking 

   

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ