« 4月の米財政収支統計 税収入が増加トレンドを形成 | トップページ | 余りある資金が中国市場の過少な物件を追い求めている »

2011.05.12

米ドル 長期的に見て最悪の状況となる

 ジム・ロジャーズ会長(ロジャーズ・ホールディングス)は、エジンバラ(英国)での会議で長期的に見て、米ドルは
   最悪の状況となる
との認識を示し、その理由として米国が世界最大の債務国であることや、米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が推し進める金融政策を挙げた。ranking

 一方、中国人民元は
   安全な通貨
となる可能性が高いと指摘したものの投資家が買うのは難しいと続けた。
 米国の状況は悪化しつつあり、深刻な問題が起こると予想していると述べ、バーナンキ博士は経済学を分かっていないし、金融についても理解していないと続けた。
 彼が分かっているのは
    お金を刷ることだけだ
と批判した上で、次に景気が減速した時にマネーの量を4倍にはできないと言明した。ranking

 債券市場については米国の債券市場は
   30年間強気相場が続いた
と述べ、私の見方では、それは終焉を迎えつつある。
 現在は政府関連証券のみ購入しているとし
   市場で下落
が見込まれているためと説明した。ranking

 また、商品の強気相場がいつ終わるかについては予想できないとコメントした。
 なお、探すべき兆候は分かっているとした上で、そうした
   兆候を認識できるだけの賢さ
が自分にあることを望んでいると続けた。

 

為替相場についてはたぶんこの秋に為替相場で一層の混乱が起き、2013年までにはさらに混乱が深まると予想していると述べた。

 なお、現在は米ドルを買い進めているとし、米ドルが下落するとの見方が市場のコンセンサスになっているためと説明した。

 このほか、保有する他のポジションのヘッジとして中国を除く新興市場および米国のテクノロジー関連株を空売りしていることも明らかにした。ranking

 農業のほか、太陽光・風力発電といった代替エネルギーの分野で向こう数年間「大きな富を築くことができるとの見方を示した。ranking

   

« 4月の米財政収支統計 税収入が増加トレンドを形成 | トップページ | 余りある資金が中国市場の過少な物件を追い求めている »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/51647816

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル 長期的に見て最悪の状況となる:

« 4月の米財政収支統計 税収入が増加トレンドを形成 | トップページ | 余りある資金が中国市場の過少な物件を追い求めている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ