« 米国 5月の輸入物価指数 | トップページ | 予算削減の要求で連邦債務の法定上限を人質に取る手法を避難 »

2011.06.14

予想が裏目に出れば最悪

 米国の著名なファンドマネジャーである
   ブルース・バーコウィッツ
   ケネス・ヒーブナー
   ビル・ミラー

の3氏は、今年はファンドの運用成績で最下位争いを展開しているという。
 景気拡大予想が裏目に出たのが背景だ。ranking

 米国の投信調査会社モーニングスターのデータによると、バーコウィッツ氏が運営する
   フェアホルム・キャピタル・マネジメント
ヒーブナー氏の運営する
   キャピタル・グロース・マネジメント
ミラー氏が運用する
   レッグメイソン
などののファンドは2011年、大型の米国における分散型投資信託の中でパフォーマンスが最悪となっている。
 3ファンドの6月9日までの運用成績はマイナス11-12%となり、一方、S&P500種株価指数は3.4%上昇している。
 特定のファンドマネジャーは、これまで良い成績が続いていたことで、常に市場より一歩先にいると見なされているが、上昇将軍は存在するものではない。

 キンネル氏は3氏は、資金の振り向け先を少数の業界に絞ることで知られており、この戦略では、投資が成功すれば市場平均を上回る利益が出るものの、うまくいかなければ多額の損失を被る。ranking

 なお、バーコウィッツ氏とミラー氏は金融株の回復を見込み、ヒーブナー氏は自動車株の好転を予想し集中投資をしたようだ。
 ただ、 S&P500種株価指数の構成24業種のうち、金融株と自動車株は年初からのパフォーマンスが最悪となっている。
 また、住宅市場の低迷や住宅ローン差し押さえ手続きなどをめぐる訴訟、新たな手数料規制で銀行の利益が圧迫されるとの懸念から、米金融機関銘柄で構成するKBW銀行指数は10%下落している。 ranking

  

« 米国 5月の輸入物価指数 | トップページ | 予算削減の要求で連邦債務の法定上限を人質に取る手法を避難 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/51939185

この記事へのトラックバック一覧です: 予想が裏目に出れば最悪:

« 米国 5月の輸入物価指数 | トップページ | 予算削減の要求で連邦債務の法定上限を人質に取る手法を避難 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ