« 利害得失 利益損害は紙一重だ | トップページ | 東北地方は着実に復旧の動き »

2011.07.04

積極財政と追加金融緩和が必要

 UBS証券によると日本経済の長期低迷やデフレをもたらした
   企業のカネ余り
を解消するには、積極財政と追加金融緩和が必要だと主張、日本政府が東日本大震災を受けて今夏以降に編成する
   2011年度第3次補正予算
で国債を5兆円増発しても、長期金利は0.1%強にとどまるため、恐れるに足りないという。

 UBS証券の会田卓司シニアエコノミストは1日の記者説明会で、企業が設備投資やM&A(合併・買収)、配当、賃金・雇用の拡大に慎重なため、国内総生産(GDP)に対する
   企業貯蓄率
が足元で約8.4%と
   過去最高レベルにある
と指摘した。ranking
 企業が借り入れに消極的だと
   金融機関を通じて経済に出回る資金量
が減るうえ、過剰貯蓄が経常黒字となるので円高によるデフレ圧力も強まると述べた。

 なお、企業貯蓄率は1990年代初めにはマイナス9%前後だったが、2000年代前半に一時プラス10%を突破した。
 07年にかけてゼロ%を割り込んだが、金融危機を背景に再び上昇したという。

 会田氏は消費者物価の下落による企業貯蓄率の上昇は3年程度で終息するが、企業貯蓄率が急上昇すると約15年もデフレ圧力が残ると分析した。ranking


 

  

« 利害得失 利益損害は紙一重だ | トップページ | 東北地方は着実に復旧の動き »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52121101

この記事へのトラックバック一覧です: 積極財政と追加金融緩和が必要:

« 利害得失 利益損害は紙一重だ | トップページ | 東北地方は着実に復旧の動き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ