« ポルトガル政府の保証の活用を加速 | トップページ | 米国経済の回復の成長は持続 »

2011.07.08

ユーロが対米ドルで反発

 NY時間の外国為替市場ではユーロが対米ドルで反発した。
 トリシェ総裁がこの日決定した政策金利の1.5%への引き上げについて、追加利上げの可能性を示唆したことが反発の背景にある。

 また、ポルトガルに関してオペの担保規則を緩和すると発表したことを受け、ユーロは買われた。
 6月の米民間部門の雇用者数がエコノミスト予想を上回る増加となり、安全資産への需要が弱まり米ドルは主要通貨の大半に対して下げた。
 なお、米労働省は8日に6月の雇用統計を発表する。

      

« ポルトガル政府の保証の活用を加速 | トップページ | 米国経済の回復の成長は持続 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52149022

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロが対米ドルで反発:

« ポルトガル政府の保証の活用を加速 | トップページ | 米国経済の回復の成長は持続 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ