« 人民元 最終的には特別引出権(SDR)への組み入れ可能 | トップページ | オーストラリア準備銀行は2012年半ばまで政策金利を据え置きか? »

2011.08.26

2013年まで政策金利を引き上げない可能性

 米国の金融大手シティグループのウィレム・ブイター氏らエコノミストは
   投資家向けリポート
で、世界的な景気低迷でインフレが抑制されるため、主要な中央銀行は
    2013年まで政策金利を引き上げない可能性
が高いと説明した。

 世界の景気見通しは特に多くの先進国で引き続き著しく悪化することから現段階では基本的に低金利政策が長期にわたって続くと想定する。

 なお、日本銀行については14年まで金利を引き上げない可能性があるとしている。

  欧米の各国政府が財政赤字削減に向け緊縮財政策を導入していることや、高い失業率で消費支出が抑制されていることを背景に、世界的に景気が冷え込んでいる。
 
 

     ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  


ひとこと
 金利を引き上げずに国民の所得が増えて消費喚起出来るのだろうか。首相の器には国民の出来るだけ多くに所得が増加することが出来るようにする政策が実行できる能力のある人物がなるべきだ。
 マスコミの取り上げられている候補では余りにも器が小さい感じだ。

 

« 人民元 最終的には特別引出権(SDR)への組み入れ可能 | トップページ | オーストラリア準備銀行は2012年半ばまで政策金利を据え置きか? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52570830

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年まで政策金利を引き上げない可能性:

« 人民元 最終的には特別引出権(SDR)への組み入れ可能 | トップページ | オーストラリア準備銀行は2012年半ばまで政策金利を据え置きか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ