« イタリア 、新たな緊縮策の実行によりゼネストか? | トップページ | ユーロ圏債務危機の余波 »

2011.08.11

ユーロにペッグ(連動)させる措置でスイス・フランが下落

 ヨルダン副総裁(スイス国立銀行 中央銀行)の発言
    スイス紙ターゲス・アンツァイガーのインタビュー
 スイス当局が過去最高値を更新する
    自国通貨高の抑制
に苦慮する中、フランを期間限定で
   ユーロにペッグ(連動)させる措置
に言及、外国為替市場で、スイス・フランが下落傾向を強めた。  

          

 長期的な物価安定に一致する限り、為替レートに影響を及ぼすいかなる一時的措置も中銀の責務において許容されると語った。

 フランはユーロ圏の財政危機が悪化し続けるとの投資家不安が背景となり、ユーロに対し過去1年で31%上昇している。
 スイス中銀は短期金融市場での流動性を高めたほか、今月初めには政策金利をゼロ近くまで引き下げたものの、フランはさらに上昇し、同国の景気と輸出への逆風となっていた。

 

 ・ プロ投資家のための外国為替取引
 ・ あなたのお金を10倍にする外貨投資術
 ・ 証券アナリスト第2次レベル過去問解説 市場と経済 (2011年用)

       ↓参考になったらクリックをお願いします。

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ 
  
  
まとめ
 スイス中央銀行の幹部の発言は市場の流れを変えるパワーを維持しているようだ。金融市場に対する影響を維持する
 
 
今日の気になるニュース
 シェールガスを産出するための技術的な方法は岩盤に水と化学品を噴射する水圧破砕の利用拡大でガスや原油を立坑に導き出すものだが、環境に深刻な打撃を与えるとの報告書 をエネルギー長官諮問委員会の小委員会が11日発表した。(参考記事

 

    

 ・ 重点解説 最先端化学技術のエッセンス―サステイナブル社会の実現に向けて

« イタリア 、新たな緊縮策の実行によりゼネストか? | トップページ | ユーロ圏債務危機の余波 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52449638

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロにペッグ(連動)させる措置でスイス・フランが下落:

« イタリア 、新たな緊縮策の実行によりゼネストか? | トップページ | ユーロ圏債務危機の余波 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ