« 財政赤字を抑制するために合意した措置 | トップページ | 九分九厘 »

2011.09.06

講演中止(イタリア)

 トレモンティ財務相(イタリア)は北イタリアで予定していた講演を中止し、急きょローマに戻った。
 財務相が講演を予定していた会議の司会を務めるステファノ・ロドタ氏は財務相はピアツェンツァに到着しようとしていた時に、上院に出席するため直ちにローマに向かうよう指示を受けたとこの事態を説明したという。

 イタリア政府が
   財政緊縮策を後退させるとの懸念
を背景に、同国国債は5日下落した。

 イタリア上院では6日から
    455億ユーロ(約4兆9400億円)規模
の財政緊縮策について審議する。
 なお、同国最大の労組CGILは緊縮案に反対し、ゼネストを計画している。

 イタリア政府では欧州中央銀行(ECB)が同国債を購入する条件として5日に緊縮策を発表した。
 ベルルスコーニ政権は先週、その一部を撤回することへの同意に追い込まれた。

 

  ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  


ひとこと

 国債の信用度の問題であるが、当然、信頼度が低くなれば通貨も売られる。汚い手を考えるとすれば、国債の信頼度があるうちに売りまくり通貨を外貨に換えて、国債の価格と通貨が大きく下落した時点で買戻しを図れば莫大な利益を獲得できるという小槌が使われている感じだ。まるでナポレオン戦争時のロンドン株式市場の動きに何処か似ている感じ(参考)。

  

« 財政赤字を抑制するために合意した措置 | トップページ | 九分九厘 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52659205

この記事へのトラックバック一覧です: 講演中止(イタリア):

« 財政赤字を抑制するために合意した措置 | トップページ | 九分九厘 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ