« 9月の月例経済報告 | トップページ | アフガニスタンのラバニ元大統領が暗殺 »

2011.09.21

ギリシャをめぐる動き

 パパンドレウ首相(ギリシャ)は現地時間21日午前11時半から閣議を招集すると首相府が電子メールで発表した。

 

 ギリシャ国営アテネ通信社(ANA)は欧州連合(EU)と欧州中央銀行(ECB)、国際通貨基金(IMF)のいわゆる
   トロイカの査察団
は10月初めにアテネを再度訪問し、ギリシャ経済の審査を完了する計画を情報源を明示せずに報じた。

 

 スロベニア議会は内閣信任案を否決した。
 旧共産圏諸国で初のユーロ導入を果たしたスロベニアに
   政治的な空白
が生じることで、ソブリン債危機のさなかに
   欧州連合(EU)救済基金拡充の承認
が遅れる可能性が出てきた。

 スロベニア議会の広報室によると、議会は20日の採決で51対36でパホル内閣信任案を退け、同政権の退陣が決定した。
 これにより、早ければ12月にも総選挙が実施される公算。

 このため、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)として知られる
   EU救済基金の拡充案
の受け入れ是非を問う投票は先送りを余儀なくされる可能性がある。

 

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

ひとこと
 経済の運営は各国それぞれの色があり、統一した運営は難しいだろう。歴史的な部分でいろいろな仕組みが加わり個性となって活動してきたものを欧州基準に合わせるのも国民の生活や慣習が激変する効果を与えるためショックが強すぎる。

 

« 9月の月例経済報告 | トップページ | アフガニスタンのラバニ元大統領が暗殺 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52788266

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャをめぐる動き:

« 9月の月例経済報告 | トップページ | アフガニスタンのラバニ元大統領が暗殺 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ