« カダフィ大佐のコメントの録音テープを公表 | トップページ | 8月のユーロ圏製造業景気指数(改定値)が50割れ »

2011.09.02

外貨準備の価値を維持 しリターンを改善する目的(中国)

 中国紙、第一財経日報が1日、中国の政府系ファンド(SWF)
   中国投資(CIC)
は、海外投資に焦点を絞った新会社を設立するもようだと情報源を明らかにせず報じた。

 同紙によれば、CICは新会社と中央匯金投資を傘下に置く持ち株会社に業態を変更する可能性もあるという。

 中国人民銀行(中央銀行)は新会社に
    1000億ドル(約7兆7000億円)程度
振り向ける見込みだと同紙では伝えた。  

 世界経済と市場の回復による利回り改善で、CICの2010年の海外投資リターンは11.7%となった。
 昨年末時点の運用資産は4096億ドルという。

 7月26日発表の年次報告書によれば、純利益は516億ドル(前期比+24%)だった。

 

 中国国家情報センター(SIC)のチャン・モナン研究員は先月、中国英字紙チャイナ・デーリーに寄稿し、中国は
    外貨準備の価値を維持
しリターンを改善するためSWFの規模を拡大すべきだと指摘していた。
 
 
 
 
 
    ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

ひとこと
 米国債券の利回りや価値の維持は日本政府も米国とのパートナーシップを考えるにしても、損害を受ける必要などない。
 米国の利益を優先させるのではなく日本の国益を最優先し、利益の最大限かを図ることが重要であり、オバマ大統領との会談でも主張することは主張すべきだ。
 媚びることや土下座外交では、対等のパートナーとはいえない。

 

« カダフィ大佐のコメントの録音テープを公表 | トップページ | 8月のユーロ圏製造業景気指数(改定値)が50割れ »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52626213

この記事へのトラックバック一覧です: 外貨準備の価値を維持 しリターンを改善する目的(中国):

« カダフィ大佐のコメントの録音テープを公表 | トップページ | 8月のユーロ圏製造業景気指数(改定値)が50割れ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ