« カダフィ大佐の所在 ガダミス周辺に潜伏? | トップページ | ギリシャ問題 民間負担を拡大させる? »

2011.09.29

無駄な資金投入との懸念を排除(ドイツ)

 独紙ビルトによると、メルケル首相は連立与党議員に対し、ギリシャが
   デフォルトに陥る公算
は小さく、ギリシャ支援が
   無駄な資金投入
になる可能性があるとする連立政権内の懸念払しょくに努めた。  
 ただ、同時に、ギリシャのデフォルトの可能性は排除できないとも語っているという。(関連記事

 与党議員によると、メルケル首相は、ギリシャのデフォルトのリスクは
   ゼロに近い
とあらためて言明したもので29日に予定されているドイツ連邦議会(下院)の欧州金融安定ファシリティー(EFSF)機能拡充法案の採決では、メルケル首相が連立与党内で過半数を確保できない可能性が出たと見られている。

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

ひとこと
 リスクゼロは本来ありえないものであり、時間軸で見れば信用度も波を打つもので対象となる担保があるとすれば価値の評価も変わってくる。
 ギリシャの経済的な立場を考えればバルカン半島の周辺国に及ぼす影響は歴史的に大きく、トルコ経由の輸送網を考慮すれば支援せざるを得ない地政学的な位置にある。

    

« カダフィ大佐の所在 ガダミス周辺に潜伏? | トップページ | ギリシャ問題 民間負担を拡大させる? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52858035

この記事へのトラックバック一覧です: 無駄な資金投入との懸念を排除(ドイツ):

« カダフィ大佐の所在 ガダミス周辺に潜伏? | トップページ | ギリシャ問題 民間負担を拡大させる? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ