« 無駄な資金投入との懸念を排除(ドイツ) | トップページ | 蛙鳴蝉噪 »

2011.09.29

ギリシャ問題 民間負担を拡大させる?

 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会は
   ギリシャ国債を保有する銀行
に求める損失負担を7月21日の
   首脳合意よりも拡大させる案
に抵抗していると、欧州の当局者が報道機関に明らかにしている。
 この情報を匿名を条件に述べた同当局者によれば、一部の政府当局者らはギリシャ債のより大幅な
   ヘアカット
を銀行に迫る案を示しているが、欧州委員会はこれに否定的で、そのような試みについての協議も望んでいないという。

 

        ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 


ひとこと

 政府負担を軽減させる意図がある。ギリシャ問題の支援に資金を野放図に提供するような愚かな考えは誰もないのは当然であり、資金の提供は担保を要求したノルウェーやドイツが見返りのほとんどない税金の投機に対する国民からの反発を恐れるのは当たり前だ。

 日本政府がなんら過去において特別利益を得てもいない効した問題に資金を投入するよりも国内の景気浮揚の問題を先決して実行するのが必要だろう。

 日本の外交官の時を経るごとに無能さが高まっているこtは明らかであり、外交交渉も話にならないくらい低レベルに陥っている。
 明治以降、金をむしりとられてきた過去の歴史を国民はよくよく考えるべきだ。
 イラクで民間軍事組織らしき者に日本の外交官が殺害されても追及すらせず
   尻尾を丸めるような姿勢
が欧州等では嘲笑となっていることを知るべきだ。

 

« 無駄な資金投入との懸念を排除(ドイツ) | トップページ | 蛙鳴蝉噪 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52858248

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャ問題 民間負担を拡大させる?:

« 無駄な資金投入との懸念を排除(ドイツ) | トップページ | 蛙鳴蝉噪 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ