« 機器の不備と安全管理の問題 | トップページ | 9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値 »

2011.09.22

オペレーション・ツイストを実施

 NY時間帯、外国為替市場で
   借り入れコストの抑制
   経済成長
   雇用促進

を目指して、米連邦公開市場委員会(FOMC)は
   1兆6500億ドル相当
の米連邦準備制度理事会(FRB)保有資産のうち
   短期債を売却
してより償還期間の長い
   米国債に買い替える措置
を決定に至ったことが背景となり米ドルに買いが入った。

 この措置は
   オペレーション・ツイスト
と呼ばれるもので、FOMCの発表の結果、米ドルは主要取引通貨の過半数に対して上げた。

 円は対米ドルで発表前に様子見から商いが細っている中に買いが強まり上昇、一時、戦後最高値に近づく場面も見られた。

 ニューヨーク時間午後3時20分現在、米ドルは円に対しては
   1ドル=76円71銭
間で買戻しが入っている。

 

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  


ひとこと

 為替変動の大きな短期債券から長期債に保有ポジションを変えれば、米ドルの信用度が増すことは明らかだ。
 国内に保有する資源を戦略的な観点からこれまで開発を行っていなかった事実を考える必要がある。
 原油埋蔵量でも莫大にあり、メキシコ湾岸の石油などは手付かずの状態にあることから同地域での開発許可を出してくる見込みだ。

  

 

« 機器の不備と安全管理の問題 | トップページ | 9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52797048

この記事へのトラックバック一覧です: オペレーション・ツイストを実施:

« 機器の不備と安全管理の問題 | トップページ | 9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)速報値 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ