« 雇用創出を主要目標(超党派委員会 米国) | トップページ | G7での主張は一方通行 »

2011.09.09

債務削減を目指した緊縮策はイタリア景気を損ねることが懸念

 イタリア経済の4-6月(第2四半期)は
   プラス成長を維持
したものの、輸出鈍化と国内需要の低迷が背景で
   債務削減を目指した緊縮策
はイタリア景気を損ねるとの懸念が強まり、低い伸びにとどまった。

 イタリア国家統計局が9日発表した第2四半期の国内総生産(GDP)改定値は
   前期比+0.3%
の増加となった。

 先月5日公表の速報値と一致し、前年同期比では0.8%増加した。
 なお、1-3月(第1四半期)は前期比0.1%増だった。

 第2四半期の輸出は
   前期比+0.9%
と増加、第1四半期の1.1%増から伸びが鈍化した。

 イタリア上院は7日に、付加価値税率引き上げや高所得層への増税などを盛り込んだ
   540億ユーロ
     (約5兆8000億円)

規模の緊縮策の修正案を承認した。  

 

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

  

ひとこと
 ギリシャの次は、スペインかイタリア、ポルトガルの南欧が注目されている。金融機関は過去の植民地との宗主関係から信用崩壊は大きな影響となって広がるだろう。

 

イタリア 男の流儀(しきたり)
 
 これがイタリア式伊達男術のエッセンス。
      
    

« 雇用創出を主要目標(超党派委員会 米国) | トップページ | G7での主張は一方通行 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52687371

この記事へのトラックバック一覧です: 債務削減を目指した緊縮策はイタリア景気を損ねることが懸念:

« 雇用創出を主要目標(超党派委員会 米国) | トップページ | G7での主張は一方通行 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ