« 9月のユーロ圏消費者物価指数 | トップページ | 思案投首  »

2011.10.15

米国の9月の輸入物価指数

 米国の9月の輸入物価指数は原油と金属の値上がりで予想外に上昇した。

 労働省が発表した9月の輸入物価指数は
   前月比+0.3%
と上昇した。
 事前のエコノミスト予想では0.4%の低下だった。
 前月は速報の0.4%低下から0.2%低下に修正された。

 すべての燃料を除く輸入物価は前月比で0.2%上昇した。
  
         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

ひとこと
 米ドルの下落の影響も考えられる。輸入物価の上昇で国内インフレが加速し、不況下の価格上昇になればスタグフレーションのリスクが高まるだろう。雇用の改善が見られない状況では注意が必要だろう。

無関心では、すまされない石油 気になる大疑問―そもそも「原油価格」は誰がどう決めているの?
 
「原油価格が高騰している本当の理由は?」「日本への輸入が止まったらどうなる?」…。石油をとりまく現状と未来を、世界的観点と生活レベルの両面から、やさしく解き明かす。 


 9月の輸入物価指数は
   前年同月比+13.4%
       (8月 同+13.0%)
の上昇だった。
 すべての燃料を除く輸入物価は前月比で5.5%上昇した。

 項目別に見ると、輸入石油は前月比+0.3%(前年比+46%)に上昇した。

 未加工金属の価格は金などの貴金属価格の上昇がけん引し前月比0.9%の大幅上昇となった。

  

« 9月のユーロ圏消費者物価指数 | トップページ | 思案投首  »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52993581

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の9月の輸入物価指数:

« 9月のユーロ圏消費者物価指数 | トップページ | 思案投首  »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ