« 故事来歴  | トップページ | ブラックロックはイタリア国債の買い手としての立場を維持 »

2011.10.23

2つの選択肢

 欧州の財務相らはブリュッセルで2日目の協議に入った。
 ギリシャから欧州域内に広がりを見せている債務危機を封じ込めるため、財政難に苦しむ
   ユーロ圏の国債
を域外の投資家に購入してもらう
   基金の設立
を検討していることが明らかになった。

  ・ イルミナティ 世界を強奪したカルト
  ・ 300人委員会―「世界人間牧場計画」の準備はととのった!!

 この基金設立の構想と併せて
   欧州金融安定基金(EFSF)
を活用して融資能力を現行の
   4400億ユーロから引き上げる構想
の2つが選択肢として検討されている。

 デヤーヘル財務相(オランダ)はEFSFを
   民間の資金
によってレバレッジするという基本原則は全員の賛成を得ている。
 然しながら、どの程度うまく行くかが不透明であり、どのくらいの資金を集められるのか、検討していると記者団に述べた。

        
          科学と実験シリーズ オプティカルサイエンス 望遠鏡

 新たに浮上してきた選択肢では
   特別目的投資事業体
を創設して発行および流通市場で国債を購入するという内容で、域外投資家や政府系ファンド(SWF)の資金を呼び込むことを狙っている。
  もう一つの選択肢は、EFSFが
   債務保証
を行うことで実質的に融資能力を拡充しようとするもので、ドイツが支持していた提案という。
 ただ、フランスがこの提案では不十分だとして、EFSFに
   銀行業免許
を与えて欧州中央銀行(ECB)から借り入れできるようにする案を推していた。
 意見対立が表面化し妥結が不明かする仲欧州株価が下落傾向を強めたため、フランスが譲歩して同案は後退した。

 

ひとこと
 信用不安の再燃が懸念され拡大する気配すらある情況だ。日本を考えれば震災復興に資金が必要であるが、支出を抑制して対処しようと言うような愚策を取ろうとしている。
 保有する米国債券等を元に特別目的投資事業体を設置しファンドを発行すれば負担を最小限にして、死に金になっている為替介入で手にした資金の活用が出来る。

 日本経済を回復させる意図が無いような愚策を政権が継続させ野党も同様な対応に終始しているが、ほとんど国賊としかいえない者が政治家というより政治屋に成り下がっている。

イラスト図解 フリーメイソン
数多くの小説や、映画で取り上げられるフリーメイソン。その実態は「謎」であると思われている。いったいフリーメイソンとはなにか?

 

  EU財務相会合は22日午前の協議で、銀行資本強化を話し合った。

 メルケル独首相とサルコジ仏大統領が同日遅くに再び首脳会談を開いた後、両首脳にトリシェECB総裁、ファンロンパイEU大統領、欧州委員会のバローゾ委員長とレーン委員(経済・通貨担当)、ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事が参加した拡大会合に移行する予定と見られる。

  ・ 世界の「独裁国家」がよくわかる本
  ・ 「世界の秘密結社」がよくわかる本

« 故事来歴  | トップページ | ブラックロックはイタリア国債の買い手としての立場を維持 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53060181

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの選択肢:

« 故事来歴  | トップページ | ブラックロックはイタリア国債の買い手としての立場を維持 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ