« 域内債務危機の解決策はEFSFとESMの統合 | トップページ | 国債保有者の負担拡大を検討 »

2011.10.21

カダフィ大佐は生け捕りにした後に処刑

 リビアの反カダフィ派代表組織
   国民評議会
のダゲイリー国防相は20日、記者会見で
   カダフィ大佐を生け捕りにした後、殺害した
ことを明かした。

 国際刑事裁判所から逮捕状も出ている大佐については
   政権による人権侵害
   デモ弾圧

の実態解明のためにも司法の裁きを望む声が強かった。
 しかし、家族等が処刑されている反カダフィ派兵士らの
   憎悪
を押しとどめることはできなかった。

 カダフィ大佐はシルト市内にある、下水道のようなトンネル内に一部の側近とともに潜伏していたという。

 国民評議会の軍部隊は20日、銃撃戦で大佐の警護兵を殺害し、血を流しながらも生きた状態で横たわる大佐本人を発見、一部兵士が額や胸部に銃弾を撃ち込み息の根を止めた。
 その時、大佐は、金製の拳銃を所持していたという。

 一応、軍部隊は身柄を救急車に運び込み蘇生を試みたものの、大佐は死亡した。

 兵士らは、イスラム世界では最大級の侮辱を表す
   靴底で大佐の遺体を叩く
などして勝利を祝った。
 潜んでいたトンネルには
   ネズミのカダフィの場所
と落書きされ、遺体は空路、部隊の拠点の北西部ミスラタに運ばれた。

 

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 


ひとこと

 リビア情勢の展開が早まり、まもなくカダフィ派の投降が拡大する見込みだ。また、周辺国に逃れたカダフィ大佐の家族等の引渡しも行われる可能性も高くなるだろう。
 ただ、石油利権等や各部族間の利権調整では政治が混沌としてしばらくは勢力争いが続く可能性が高いだろう。

 独裁者の末路はこうしたものだ。

« 域内債務危機の解決策はEFSFとESMの統合 | トップページ | 国債保有者の負担拡大を検討 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53044931

この記事へのトラックバック一覧です: カダフィ大佐は生け捕りにした後に処刑:

« 域内債務危機の解決策はEFSFとESMの統合 | トップページ | 国債保有者の負担拡大を検討 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ