« 欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の規模拡大について集中討議中 | トップページ | 牛飲馬食  »

2011.10.19

債務危機を解決 するために行動する誘因を低下させる恐れ

 欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、リプストク総裁(エストニア中銀)はECBの
   流動性供給
   国債購入
について、各国が
   債務危機を解決
するために行動する誘因を低下させる恐れがあるとの認識を明らかにした。

 ECBの非伝統的措置は問題の原因ではなく、症状に対処するだけだと指摘した。
 ECBの危機への対応の選択肢は
   比較的限られたものだ
と語った。
 また、ECBの非伝統的措置は一時的であるのは明白だと述べた。
 
 
 
 
 
       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 誰もが苦労してまで自国の経済活動を毀損するような行為はしたくない。

   

« 欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の規模拡大について集中討議中 | トップページ | 牛飲馬食  »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53028276

この記事へのトラックバック一覧です: 債務危機を解決 するために行動する誘因を低下させる恐れ:

« 欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の規模拡大について集中討議中 | トップページ | 牛飲馬食  »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ