« 欧州連合(EU)首脳会議(サミット)が23日に5日延期 | トップページ | 政府系ファンド(SWF)で投資を拡大 »

2011.10.12

紙幣の増刷同然だとする批判を断固拒否

 独紙ウェルトに12日掲載予定のインタビューで
   トリシェ総裁(ECB)
は、ユーロ圏で
   財政難に陥った国の国債
を同中銀が購入していることについて
   紙幣の増刷同然だとする批判
を断固として退けたという。

  トリシェ総裁は、こうした批判は完全に誤っていると述べ、ECBは厳として各国政府や圧力団体からの独立を保っていると続けた。

 欧州条約で定められた
   物価安定機能
を果たすことに全力を挙げていると強調した。

 また、高まる市場の緊張からユーロを防衛するため7月21日に
   ユーロ圏首脳陣
が合意した決定事項を完全に実行するよう、あらためて呼び掛けた。

 欧州金融安定ファシリティー(EFSF)に
   銀行業務ライセンス
を与えることについて、ECBは
   「適切」ではない
と認識していると述べ、政府は基金に
   適切なレバレッジ
を提供すべきだと主張した。

         ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 
  
   にほんブログ村 為替ブログへ 人気ブログランキングへ  

 

ひとこと
 欧州金融安定ファシリティー(EFSF)にレバレッジを付与することで、売りを吸収する資金の活用を強めることが出来るものの、逆にそれ以上の売りが強く出てくるようであれば欧州経済の崩壊につながりかねない。
 ただ、ストレートであったとしても同じであり、売り方の規模によりレバレッジをどうするかといったことだろう。

   

« 欧州連合(EU)首脳会議(サミット)が23日に5日延期 | トップページ | 政府系ファンド(SWF)で投資を拡大 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/52970252

この記事へのトラックバック一覧です: 紙幣の増刷同然だとする批判を断固拒否:

« 欧州連合(EU)首脳会議(サミット)が23日に5日延期 | トップページ | 政府系ファンド(SWF)で投資を拡大 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ