« NZ オフィシャル・キャッシュ・レートを据え置き | トップページ | ソブリン債のデフォルト が必要 »

2011.10.27

兵站線が伸び過ぎるほどリスク拡大が加速する

 トヨタ自動車は、タイでの洪水で部品出荷が支障を来しているとして、米国の
   インディアナ
   ケンタッキー
の両州とカナダの各組立工場と、ウェストバージニア州のエンジン製造工場では北米での部品供給を維持するため、これら工場で29日の土曜日に予定していた勤務シフトを取りやめることをウェブサイトで明らかにした。

 なお、タイから調達している部品の詳細には触れていない。

  ・ 戦術と指揮―命令の与え方・集団の動かし方
   小部隊指揮官バイブル いかに部下を統率し、目標を達成するか?


 トヨタは震災に伴う部品不足で生産削減を余儀なくされたことから、現在、米国のディーラーの在庫補てんに取り組んでおり、北米工場での時間外生産を年内実施する方針を示していた。
 なお、いまのところ29日以外の時間外生産は取り消していないと説明した。

 一方、ホンダの北米工場の操業は現時点ではタイ洪水の影響を受けていない模様だ。
 
 
 
 
 
       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 第2次世界大戦でのパットン戦車軍団がフランス国内でのドイツ軍との戦闘で進撃が早くガソリン補給が間に合わずに敵前で取り逃がし、時間的余裕を与え反撃された事例など過去の戦史では当然ながら、数多く見られるものだ。   

補給戦―何が勝敗を決定するのか
 
ナポレオン戦争からノルマンディ上陸作戦までの戦争を「補給」の観点から分析。戦争の勝敗は補給によって決まることを明快に論じた名著。
      

 兵站線は合理的なものとして相互に融通できることが必要だろう。看板方式もスムーズに流れることが前提であるが、気象条件等が複雑に絡めば途中で遮断するリスクが高まるのは周知の事実だろう。

 地政学的なリスクの把握が時々刻々と変化する環境的な側面からやや甘くタイ北部の集中豪雨を見ていたのかもしれない。

    

« NZ オフィシャル・キャッシュ・レートを据え置き | トップページ | ソブリン債のデフォルト が必要 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53093887

この記事へのトラックバック一覧です: 兵站線が伸び過ぎるほどリスク拡大が加速する:

« NZ オフィシャル・キャッシュ・レートを据え置き | トップページ | ソブリン債のデフォルト が必要 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ