« 欧州の債務危機の収束時期は? | トップページ | 一汁一菜 »

2011.11.19

素粒子ニュートリノ が光速より速く飛行することを再確認

 名古屋大学などの国際共同研究グループは
   素粒子ニュートリノ
が光速より速く飛行するという実験結果を9月に発表していた。
 今月初めまでの再実験でほぼ同様の結果が得られたと18日発表した。

 スイス・ジュネーブ郊外の研究機関で発生させたニュートリノのビームを
   約730キロ離れたイタリア国内で観測
し速度を計算した。

 前回の実験では10万分の1秒連続して発生するビームを使ったが、今回はビームの時間幅を3ナノ(ナノは10億分の1)秒程度に短くして、到着のタイミングをより正確に判定できるようにした。
 ニュートリノは光と比べ57.8ナノ秒(前回発表 60.7ナノ秒)早く到達していた。
 

 先の発表を巡っては、今回変更した
   ビームの発生時間の問題
   両地点の時刻合わせ
に全地球測位システム(GPS)を使ったことの妥当性に疑問が出されている。

 研究グループは今後、GPSでなく静止衛星を使った時刻合わせを行い、疑問点を払拭したいとしている。
 なお、研究グループには欧州やロシア、日本から神戸大学などが参加している。

 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

ひとこと
 物理学の世界に大きな変化がおきそうだ。アインシュタインの理論からの脱皮が始まり、ひも理論やダークエネルギー、ダークマター、多次元宇宙論など理論だけのものが実際に確認されるような流れが出てくるかもしれない。

    

« 欧州の債務危機の収束時期は? | トップページ | 一汁一菜 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53278800

この記事へのトラックバック一覧です: 素粒子ニュートリノ が光速より速く飛行することを再確認:

« 欧州の債務危機の収束時期は? | トップページ | 一汁一菜 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ