« 勤倹力行 | トップページ | 印刷機で刷った米ドルを市場にせっせと流し続けられては堪らない。 »

2011.11.09

義理もないのにソブリン債券を買うつもりか?

 財務省が9日発表した
   9月の国際収支状況(速報)
の対内証券投資によると、中国は日本国債などの証券を
   2457億円
売り越した。
 なお、売り越しは2カ月ぶりのこと。

 欧州債務危機や米国の景気の減速懸念の影響で
   金利低下(価格上昇)・円高
が進む中、円建て債券の保有額を純減させた。

 日本のソブリン債券等に対する格下げと首相交代を経た日本では
   国庫短期証券
の利回りが低位安定しており
   欧州の信用不安
が懸念される状況においては資金が流入し易い環境であった。
 長期金利の指標とされる新発10年物国債利回りは約10カ月ぶりの低水準を付けた。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 円高は円への信頼性の裏づけではなく、単なるリスクヘッジでしかないため下駄を履いた状態の円高を利用し海外等の鉱山等を買収するなどの活動を商社等のように進めることで円売り時の利益を確保すべきだ。
 単純に為替介入することで米ドル債券をヘッジ害するような行為は即時止めるべきだ。
 売りたい時に売れないような米ドル債券など保有すること自体が問題だろう。

 貿易摩擦時に当時の橋本首相が米国債券を売りぬける等の発言をしただけで首を飛ばされた歴史を忘れるべきではない。外交が稚劣であることも意識しないといけない。

   

« 勤倹力行 | トップページ | 印刷機で刷った米ドルを市場にせっせと流し続けられては堪らない。 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53203087

この記事へのトラックバック一覧です: 義理もないのにソブリン債券を買うつもりか?:

« 勤倹力行 | トップページ | 印刷機で刷った米ドルを市場にせっせと流し続けられては堪らない。 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ