« 中国のインフレは金融緩和 を正当化するほど十分に速いペースでは鈍化していない | トップページ | 後塵を拝しては咳が出てしまう »

2011.11.10

ソブリン債券反騰のきっかけになる方法か?

 ロンドン時間帯になり、外国為替市場では、ユーロが米ドルと円に対して上昇を始めた。
 ユーロは他の通貨に対し9日は1年余りで最大の下落となった。

 イタリアの1年物証券入札の前に、欧州中央銀行(ECB)はイタリア債を購入したことが反転するきっかけになった。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓        

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 ユーロの信頼性が再び積み重なっていくことになるのかどうか。

   

« 中国のインフレは金融緩和 を正当化するほど十分に速いペースでは鈍化していない | トップページ | 後塵を拝しては咳が出てしまう »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53212043

この記事へのトラックバック一覧です: ソブリン債券反騰のきっかけになる方法か?:

« 中国のインフレは金融緩和 を正当化するほど十分に速いペースでは鈍化していない | トップページ | 後塵を拝しては咳が出てしまう »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ