« 夏炉冬扇 | トップページ | のろまの亀に、重大な政治問題を解決できるか? »

2011.11.11

欧州中央銀行(ECB)の救済できる能力を強化

 英国のキャメロン首相は10日にロンドンで講演し
   ユーロ圏の救済基金
を支えるために欧州中央銀行(ECB)が同中銀の資源を活用し
   域内の規模が比較的大きい国
をを基金に持たせるべきだとの見解を示した。

 ユーロ圏の首脳が単一通貨を救いたいのなら、ユーロ圏の機関が一緒に今すぐ行動しなければならないと述べ
   遅らせれば遅らせるほど
危険は増大すると警告した。

     世界の災害の今を知る 水と風の災害

 イタリアの10年債利回りは9日に7%を突破。ギリシャとポルトガル、アイルランドが資本市場から締め出され国際支援の要請を余儀なくされた水準に達した。
 なお、イタリアは3カ国の債務合計を上回る
   1兆9000億ユーロ(約200兆円)の債務
を抱えており、来年、約2000億ユーロの国債償還を控えている。

 キャメロン首相は南欧諸国に広がる
   ソブリン債危機
が英国の成長見通しに打撃を与え、脆弱な英国経済を再びリセッションに陥れかねないと懸念している。   

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 信用の縮小を止める手立ては疑心暗鬼を取り除く方策が必要だが、財政の緊縮政策を採り続ければ消費行動に制限が加わり、税収が減少するだけだ。
 短期間の緊縮政策は有効かもしれないが、方法を誤ると取り返しがつかなくなる。

   

« 夏炉冬扇 | トップページ | のろまの亀に、重大な政治問題を解決できるか? »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53217770

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州中央銀行(ECB)の救済できる能力を強化:

« 夏炉冬扇 | トップページ | のろまの亀に、重大な政治問題を解決できるか? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ