« 規律は遵守して初めて価値がある | トップページ | 眼光炯炯 »

2011.11.29

ユーロ圏への投資家の信頼回復は遠い道のり

 欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会の
   アルムニア委員(競争政策担当)
は、28日、国営テレビ局TVEのインタビューで欧州中央銀行(ECB)が
   ユーロ圏への投資家の信頼回復
に向けて
   追加措置を講ずる必要
があるとの認識を明らかにした。

 経済の成長は単に銀行に供給された流動性から来るわけではない。
 ユーロ圏諸国の
   政府債務への信頼感の問題
を解決する必要があると発言した。

 

われわれはこの部分に関してECBに
   追加措置を講じるよう要請
していると続けた。

 ユーロ共同債がまだ議題に上らず、金融ファシリティーや資金調達、金融支援の手段が想定したように機能していないのならば、われわれにとって最後の頼みの綱となるのはECBのさらなる行動だと指摘した。

 

各国政府が解決策を採用できないなら、ECBが貢献しなければならないと強調した。 
 また、投資家がドイツ国債をもはや無リスク証券とは見なしていないとも述べた 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 アルムニア氏はスペイン出身の政治家であり、母国が政権交代した影響が発言に現れている感じがする。内容的は「そのとおり」というものだが、ユーロ通貨に信頼性はいつ戻るのだろうか。
 景気対策が無いままでは、経済回復までには現状では10年以上経過が必要になるかもしれない。

    

« 規律は遵守して初めて価値がある | トップページ | 眼光炯炯 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53361270

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ圏への投資家の信頼回復は遠い道のり:

« 規律は遵守して初めて価値がある | トップページ | 眼光炯炯 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ