« 金融機関(G-SIFIs)として保護対象は29行のみ | トップページ | CO2の増加ペースはIPCCの最悪の想定を上回る勢い »

2011.11.06

人民元の柔軟性確保は信頼性の向上を意味することを意識すべきだ

 20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)はフランスのカンヌで開催され
   市場原理に基づく為替システム
への早期移行への支持を表明し
   人民元の柔軟性向上を容認
する中国の意欲を強調、為替に関する姿勢を強めた。

 G20サミット後の声明
 基本的な経済のファンダメンタルズを反映するため、市場が決める為替システムへの一段と速い移行と為替レートの柔軟性向上に向けて注力することを確認すると表明した。

 G20当局者は別の文書で、中国の経済力に沿った
   もっと自由な人民元の取引
を認める同国の決意を歓迎した。
 なお、為替に関する表現は、3年前に始まったG20サミットの中で
   最も語調が強いもの
となった。

 米国当局者は同日、中国に言及したことの意義を強調した。
 複数の米当局者が前日、世界的な景気促進に向けたG20の計画の一環として、中国が人民元の柔軟性向上を公約すると発言している。
 これにより人民元は17年ぶりの高値を付けていた。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 中国が国内のインフレ抑制策がいつ終焉するかに意識する必要があるだろう。人民元の上昇は為替管理上から言えば単に貿易決済としての問題ではなく、同国の信頼性が確保されているということにつながる。ただ、法治国家としての機能が働いているという状況にはなく人治国家としての動きが多く、力を持った人民元が欧米の圧力に屈しなくなる可能性が高まりリスク要因を強めることを忘れているような状況は気になるところ。

  

 
  

« 金融機関(G-SIFIs)として保護対象は29行のみ | トップページ | CO2の増加ペースはIPCCの最悪の想定を上回る勢い »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53173687

この記事へのトラックバック一覧です: 人民元の柔軟性確保は信頼性の向上を意味することを意識すべきだ:

« 金融機関(G-SIFIs)として保護対象は29行のみ | トップページ | CO2の増加ペースはIPCCの最悪の想定を上回る勢い »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ