« 義理もないのにソブリン債券を買うつもりか? | トップページ | 中国の対日証券投資は過去最大だった05年通年の約9倍 »

2011.11.09

印刷機で刷った米ドルを市場にせっせと流し続けられては堪らない。

 中国の外貨準備高は9月末に
   3兆2017億ドル
で世界最大の保有国となっている。
 人民元相場の上昇を抑える為替介入などによって1年間で20.9%増え、2位の日本の約2.7倍となった。

 周小川総裁(中国人民銀行 中央銀行)は4月、同国の外貨準備は
   実際に必要とする合理的な水準
を超えており、運用・投資の分散を改善すべきだと発言した。

 李稲葵貨幣政策委員(人民銀)は8月に、外貨準備の
   米債投資比率
を徐々に引き下げるべきだと主張している。

 国家外為管理局(SAFE)は昨年7月、米ドルとユーロ、円が主要な準備通貨だと説明した。

 共産党の機関紙、人民日報の日本語サイトは先月20日
   外貨準備の3分の2
が米ドル建て資産なので、持続的な米ドル安は一定のリスクだと指摘した。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 米ドルの信用不安が拡大する一方だ。米ドルの裏づけとなる担保が未開発の資源と言う考え方もあるが、市場が求めるため
    印刷機で米ドルをせっせと印刷
して市場に無分別にも垂れ流し価値を低下させる行為が続いている。
 おめでたいとも言いたくなるように自国の通貨防衛のため開拓もない米ドルを買い向かって結果として保有高が増加したのは皮肉なことだ。

 そろそろアジア通貨の発行を意識し、アジア諸国で保有米ドルを出資て統一通貨を作ると言う考え方も出ても良いころだろう。

  

« 義理もないのにソブリン債券を買うつもりか? | トップページ | 中国の対日証券投資は過去最大だった05年通年の約9倍 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53203130

この記事へのトラックバック一覧です: 印刷機で刷った米ドルを市場にせっせと流し続けられては堪らない。:

« 義理もないのにソブリン債券を買うつもりか? | トップページ | 中国の対日証券投資は過去最大だった05年通年の約9倍 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ