« 11月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)はやや悪化 | トップページ | イタリア 300億ユーロ(約3兆1400億円) 規模の包括策について承認 »

2011.12.05

太陽光発電装置に対する反ダンピング(不当廉売)課税に向けた決定を全会一致で決定

 ITCは2日、中国製の太陽光発電装置に対する反ダンピング(不当廉売)課税に向けた決定を全会一致で下した。

 中国製品を反ダンピング・相殺関税の対象とするよう求めるドイツのボンに本社を置く
   ソーラーワールド
は10月19日に国際貿易委員会(ITC)と商務省への申し立てを行った。

 中国が国内メーカー向けの補助金や原材料値引き、優先的融資、優遇税制、為替操作などを通じ太陽電池の輸出を増やしていると主張
   反ダンピング関税の適用
を求めたところ2日、米国子会社などの訴えを支持した。

   

« 11月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)はやや悪化 | トップページ | イタリア 300億ユーロ(約3兆1400億円) 規模の包括策について承認 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53410815

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電装置に対する反ダンピング(不当廉売)課税に向けた決定を全会一致で決定:

« 11月の中国サービス業購買担当者指数(PMI)はやや悪化 | トップページ | イタリア 300億ユーロ(約3兆1400億円) 規模の包括策について承認 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ