« 格下げなどは乗り越えられない経済上の困難 には当たらない | トップページ | ホルムズ海峡を封鎖する軍事演習(イラン) »

2011.12.13

欧州債務危機であえて火中の栗を拾う義務など無い!!

 メルク・インベストメンツは、欧州債務危機を背景に
   域内銀行システムの支援拡大
が必要なことに言及し
   ハード・カレンシー・ファンド
のユーロの持ち高を14%と、6年前の設定以来最低の水準に引き下げたことを明らかにした。

 

メルク社長は、混乱を封じ込める手段として
   欧州の問題行の一部を国有化すること
を検討すべきだと主張した。
 対米ドルで11通貨に投資するハード・カレンシー・ファンドは2005年5月の設定時点ではユーロの持ち高が最大48.6%だった。

 

同社長が運用に携わる4本の通貨ファンドの資産は8億ドル(約620億円)に達する。

 なお、ユーロについてメルク社長は、世界的な景気鈍化と欧州危機で他国の中銀が欧州中央銀行(ECB)以上の金融緩和に動くためこれ以上大きく下げることはないとの見方を示した。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


 

ひとこと
 欧州の信用不安は欧州の問題であって世界の問題ではない。問題となるのは公衆の信用不安が世界に広がる場合に限られる。
 信用不安を引き起こすような金融機関に対しては過去植民地時代を通して国内に蓄えた資金を欧州が投入し買い支えるべきであり、日本を始め新興国があえて火中の栗を拾う必要などない。

   

« 格下げなどは乗り越えられない経済上の困難 には当たらない | トップページ | ホルムズ海峡を封鎖する軍事演習(イラン) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53473377

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州債務危機であえて火中の栗を拾う義務など無い!!:

« 格下げなどは乗り越えられない経済上の困難 には当たらない | トップページ | ホルムズ海峡を封鎖する軍事演習(イラン) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ