« 中国が外貨準備の一部を米国のインフラ投資 に振り向ける可能性 | トップページ | 財政赤字の規模を膨らませる内容には同意せず »

2011.12.03

ユーロ圏が崩壊する明確な危険性が存在 

 ファイマン首相(オーストリア)は2日、クローネ紙に対し、ユーロ加盟国が
   新たなルール
を打ち出し順守しない限り
   ユーロ圏が崩壊する明確な危険性
が存在すると警告した。
  基本的な規則と条件をさらに設定し
   順守することができない場合
多くのユーロ加盟国が非常に高い国債金利に対応できなくなると述べた。

軍隊なき占領―戦後日本を操った謎の男
 
占領政策大転換「逆コース」の裏で蠢く人脈と金の流れ。 「アメリカ対日協議会」(ACJ)の背後にある米国の巨大組織とは?ハリー・カーンとは何者か?
      

 そうなった場合、国債の買い手がいなくなり
   ユーロ圏は崩壊
する危険性は非常に現実的となっていると述べた。  

 なお、同首相はユーロ圏の分裂に関する質問に答えて語った 

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  


ひとこと

 現状のルールの下での問題が手におえないということであり、新しい基準の設定と、違反行為に対する厳格が必要だろう。
 ドイツが提案している基準が導入することが一定の鏨になり、崩壊は免れる可能性が高い。
 ただ、周辺国であり南欧諸国がこうした基準をすんなり受け入れることが出来るかどうかは判断できない。

  ・ 他人のカネで生きているアメリカ人に告ぐ
  ・ 日本再占領 ―「消えた統治能力」と「第三の敗戦」

  

« 中国が外貨準備の一部を米国のインフラ投資 に振り向ける可能性 | トップページ | 財政赤字の規模を膨らませる内容には同意せず »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53392044

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ圏が崩壊する明確な危険性が存在 :

« 中国が外貨準備の一部を米国のインフラ投資 に振り向ける可能性 | トップページ | 財政赤字の規模を膨らませる内容には同意せず »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ