« ECBは欧州政府の最後の貸し手でない | トップページ | 温厚篤実 »

2011.12.26

債務抑制で前進する必要があるというが...

 米国の格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは
   国債依存度が過去最高
となる2012年度の予算案を決定した後で、日本は
   債務抑制で前進する必要
があるとの見解を明らかにした。

 

日本の格付け「Aa3」と安定的な格付け見通しを確認したが
   改善がな ければ、格付けの引き下げ圧力
があるだろうと指摘した。
 税制改革や欧米と中国の
   景気減速で打撃
を受ける恐れがある日本の景気回復を中心に、今年度中の展開を注視していく考えを示した。

       ↓ 参考になったらクリックをお願いします。 ↓ 

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 為替ブログへ  

 


ひとこと

 格付け機関の評価など気にすることもない。債券を発行すれば格付けが下がり円安の流れが起きるのであれば、保有する米ドルの価値が高まることとなる。
 こうした流れを考えれば、債券を発行しその資金で米ドルを買うという方法もあることとなる。
 ただ、米国債券を購入するのでは為替の下落以上に債券の急落が起こりえるため何にもならない。

   

« ECBは欧州政府の最後の貸し手でない | トップページ | 温厚篤実 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/53576547

この記事へのトラックバック一覧です: 債務抑制で前進する必要があるというが...:

« ECBは欧州政府の最後の貸し手でない | トップページ | 温厚篤実 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ